家事

大掃除を手早く済ませるには手順が大事!家の中のどこから始めるのがいいの?

投稿日:

大掃除の季節がやってきましたね。

普段、なかなか掃除ができない場所も、
この時期だからこそ頑張ろう!と思いますね。

でもいざ掃除を始めようとすると
「どこから掃除すればいいのか」
と思い、腰が上がらなくなってしまいます…

「大掃除」と言われると大ごとに思えてしまう
かもしれませんが、手順を踏んで行えばそれほど
大変ではないんですよ!

ポイントは、
「上から下」
「きれいにしたいところから始める」こと。

さあ、さっそく大掃除の準備をしましょう!

大掃除のポイントを確認して手早くきれいにしちゃいましょう!

不必要な物を捨てよう!

まず、1年を振り返って「使ってない」物があると思います。
1年使わないものって、結局その後も使いません。
掃除の手間を省くためにも、「いらない」
と思ったものは捨てましょう。

 

掃除する場所のリストアップ。

前もって掃除するべき場所を書き留めておくなら、
掃除をし忘れてしまうこともありません。

 

上から始める。

掃除は基本「上から」です。
二階があるなら二階から始めましょう。
天井のクモの巣、電気のホコリからという感じです。
掃除機をかけた後に天井のホコリを落としたら、
また掃除機をかけなければいけません。
ムダに動くことのないようにしましょう。

 

とくにキレイにしたいところから。

「ここはキレイにしたい!」と思っている場所から始めます。
キレイになって嬉しいと「よし、次!」とやる気も出てきますよ!

 

待ち時間をムダにしない。

カビキラーしたら、少しそのままにしなければいけませんね?
その時間ゆっくり…と考えて腰を下ろして
しまうとやる気も無くなってしまいます。
そのタイミングに小物を洗ったりするなど、
上手に時間を使いましょう。

 

「疲れた」「もうやだな」と思ったら今日はおしまい!

そんな気持ちで続けてもキレイにはなりません。
そういう時はムリに続けずに、別の日にするといいですよ。

大掃除はきちんと手順を踏んで、効率よく行ないましょう。

大掃除が苦痛で仕方ない人へ簡単な方法を教えます!

大掃除はやることがいっぱいあって苦痛だ
という方に簡単な方法もご紹介いたしましょう。

それはリストアップした時に行えます!
きっとリストには「お風呂場」「トイレ」「キッチン」
「玄関」「窓」が挙げられていることでしょう。

その中で普段から掃除しているところと言えばどこですか?
トイレや玄関は日頃も掃除していると思いますので、
とくに汚れていなければ省いても大丈夫です!

 

お風呂の湯船は使用後に洗っているかと思います。
ですからお風呂場は床と排水溝がメインですね。

キッチンはどうですか?
換気扇はカバーが付いていれば、カバーを
取り替えるだけでキレイになることでしょう。
シンクを磨く、ガス台の油汚れを落とす
などの必要はありますね。

あとは窓拭きです。
外側から拭いてみると内側はさほど
汚れていないかもしれませんね。
サッシを拭きあげれば簡単に
キレイになることでしょう。

 

普段から掃除しているところも
ガツガツ掃除しようとすると大変ですが、
省けるところを省くと意外と早く終わりますよ。

毎年大変だった大掃除がこんなに簡単に!コツさえ知っていればあなたにもできる!

手抜きできるところが分かったら、きちんと
掃除しなければいけないところはわずか
なったと気づかれたことでしょう。

その部分を集中して行なうと家の中が
「キレイになった」と感じられます。

まず、つけ置きして掃除できるところに
洗剤を付けてしまいましょう。
キッチンやお風呂の排水溝、お風呂の床などです。
つけ置き洗いしている間に窓を拭いて
しまうと時間のムダにはなりません。

30分ほどでつけ置き洗いが完了します。
お風呂は床を磨いて、洗い流せば終了ですね。
キッチンのつけ置き洗いした小物も
洗い流して設置すれば終わりです。

まとめ

手順を決めて、手抜きできるところは手抜きして、
つけ置き洗いなどは簡単に掃除できる洗剤などを活用すれば、

「思っていたよりも簡単に終わるんだ」

ということに気づかれたのではないでしょうか?

「大掃除」というイベントも苦痛にならず、
パパッと終わらせてまたよい一年を迎えられますように。

-家事

Copyright© Komari's Note , 2019 All Rights Reserved.