健康

睡眠の質と時間帯の噂を検証!シンデレラタイムは最適ではない?

投稿日:2018年12月16日 更新日:

今、何時ですか?
もしかして寝る時間が遅いんじゃないですか?

「寝るのが遅く、寝ても疲れが取れない」
のがあなたの悩みではありませんか?

でしたら寝る時間帯やどれくらい寝ればいいか
真剣に知る必要があります。

世間では
「シンデレラタイム(深夜12時~午前2時)に寝るのがいい」
と言われているようですね。

しかし正確にいうと、その時間帯に寝ることが大切ではなく、
睡眠の質=規則正しい睡眠習慣が大事なのです。

ここで詳しく見ていきましょう。

睡眠に大切なのは時間より質!起きやすい睡眠のために

では具体的にどのような睡眠習慣がいいのか、
気になりますよね。

あなたはどこかで「90分が眠りのサイクル」
いうことを聞いたことがあるかもしれません。

これはどういうとかというと、睡眠には周期があって
レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)
が交互にきます。

そのレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが
1回90分と考えられてきました。

ですから6時間や7時間半など90分の倍数の睡眠時間をとれば、
目覚めが良くなり質のいい睡眠であると言われてきたのです。

しかし最新の科学によるとどうもそうではないようなのです。

よく調べてみると、人によって80分の人もいれば
110分の人もいるなどバラバラだというのです。

ですから90分説を信じてその倍数の睡眠時間を
取っても朝目覚めがいいとは限らないのです。

ではどのようにすれば朝気持ちよく起きることができるのか?
それはあなた個人の最適な睡眠時間を見つけるしかないのです。

たとえばあなたが7時間の睡眠時間を取って
朝目覚めが良かったのなら、7時間があなたに
とってちょうどいい時間だということになります。

他にも、たとえば23時に寝て朝の6時に起きると
スッキリするならば、その時間に睡眠をとることが
あなたに最適な睡眠時間ということになります。

逆に7時間寝てもスッキリしなかったり、
日中眠くなってしまうなら、15分でも多く
睡眠時間をとったり早く寝たりするなど
調整してみましょう。

ちなみに睡眠時間は、7時間前後取るといいとされています。

私は以前は夜中の12時に寝て朝の6時前に起きる生活でしたが、
平日の午前中は仕事中に眠くなることが多かったです。

そこで11時半前に寝て合計6時間半は寝るように変えたところ、
以前よりも朝の目覚めがスッキリするようになりましたね。

睡眠の質や時間を記録するアプリを利用しよう!オススメ3選!

最近まで私は知らなかったのですが、実は睡眠の質
や時間を記録してくれるアプリがあるんです。

これなら朝起きた時の目覚め具合と、どれくらい寝たか、
いつ寝たかを連動させて捉えることができますね。

睡眠アプリはグラフによって毎日の睡眠の
状況を可視化してくれるものです。

ではその中からオススメのアプリ3つを紹介します。

1つ目は「Sleep Meister」
このアプリはレム睡眠を感知して、目覚めがいいように
アラームが鳴ったり、自分の眠りを客観的に見れるように
データ化してくれるのです。

更には寝言やいびきを録音して異常がないか
気づく役にも立ってくれるんですよ。

2つ目は「睡眠日誌」
毎日の睡眠の様子をグラフで表示したり、
専門家監修の快眠のヒントを見ることができます。

また自分の睡眠の質をしるためのアンケートもあるのです。

3つ目は「熟睡アラーム:目覚まし&睡眠ログ」
このアプリは枕元にスマホを置いておくと、寝がえり
などの動きからあなたの睡眠の質を記録してくれます。

更に記録するだけでなくリラックス効果のある音楽で
あなたの睡眠の質をあげる手助けまでしてくれるのです。

このようにそれそれ違いはありますが、
自分の睡眠のことを知るためにアプリを
活用するのはいいアイデアの1つですね。

まとめ

若いうちは、寝る時間が不規則だったり時間が
短くても体力と若さで乗り切れるかもしれません。

しかし体へのダメージは確実に積み重なっていきます。
そうなると年を取ってからの対処では遅すぎるのです。

自分の将来のことも考えて、しっかり「質のいい睡眠」
が取れる環境を今から作っていきましょう。

-健康

Copyright© Komari's Note , 2019 All Rights Reserved.