秋冬

これだけ知っていれば名人!?栗拾いのポイントとは!?

投稿日:2018年10月9日 更新日:

実りの秋。

暑い夏を耐えて育った作物が収穫の時期を迎えます。

幼稚園や小学校などのイベントで稲刈りやサツマイモ掘り、
栗拾いなどの味覚狩りイベントもよく行われますよね。

 

そこで今回は家族で安全に楽しめるように
栗拾いをするときの持ち物や楽しめる服装、
美味しい栗の見分け方、食べ方を説明していきます。

美味しい栗の見分け方のポイントは、ハリツヤです!

また、栗は雑木林などでも採れますが、
スバリ家族で楽しむなら栗農園に行くのがベスト

その際に、安全に楽しく栗拾いができるように、
持ち物や服装を確認していきましょう。

栗拾いに持っていくべき道具や着ていく服装のおすすめは!?

まずは持っていくべき道具は、

  • 軍手
  • 虫よけスプレー
  • トング・火ばさみ
  • 救急セット
  • クーラーボックス

があるといいでしょう!

 

イガ栗の中から栗を拾うので、
大人も子供も軍手や手袋は必須です。

 

栗拾いをする場所には虫が多くいることもあります
虫刺され対策として虫よけスプレーを持っていきましょう。

 

トングや火ばさみは農園によって貸出しているところもあります。
事前にチェックをして必要なら持っていきましょう。

 

栗拾いって結構けがをしてしまいます

イガ栗のトゲでけがをしたり、
虫に刺されたりしたときに対処できるよう、
救急セットもあったら便利です。

 

また栗は収穫するとだんだん鮮度が落ちてしまいます。
美味しく食べるためには鮮度をキープすることが大事です。
小さなクーラーボックスがあると鮮度を保つことができますよ。

 

次に服装。

 

栗拾いは、基本的に落ちているイガに入っている栗を拾います。

その際にイガ栗がたくさん落ちている土の上を歩き回ったり、
イガ栗を靴で踏んでから中の栗を拾ったりします。

ですので、スニーカーなどの底の厚い運動靴で出かけましょう。

小さなお子さんの場合は長靴でもいいですね。

 

またうっかりイガが刺さったりしないように、
長そで長ズボンがおすすめです。

秋といってもまだ虫さされに気を付けたいので
虫さされ対策としても長そで長ズボンは有効ですね。

美味しいのがいい!栗拾いでおいしい栗を見分ける簡単な方法とは!?

頑張って拾ったのに味がいまひとつ…

なんて残念なことがあるかもしれません。

せっかく拾うなら、美味しい栗がいいですよね。

美味しい栗を見分けるポイントとして、

  • 茶色い部分にツヤがあること
  • 栗の平らな部分がへこんでいないこと
  • 実を押してみて固くてハリがあるもの

に注意して拾ってみましょう。

また、料理する際には外側の鬼皮をむくので
なるべく大きい栗を拾うようにしましょう。

せっかくだから美味しくね!栗拾いでとった栗の食べ方ベスト3!

さて、収穫した栗をどのように調理していただきますか?

栗を使った料理はいくつもありますが、
今回は家庭でも美味しくいただけるベスト3を紹介します。

 

その前に…

包丁や専用の栗むき器で鬼皮をむくことに
怖いと感じたことはありませんか?

簡単に鬼皮をむく方法が先に説明します。

 

まず、栗をよく洗います。

鍋にたっぷりのお湯を沸かしておき、
洗った栗を入れます。

火を消して鍋に蓋をして30分放置します。

30分後、お湯から出した栗の下の固い部分に
包丁で切れ込みを入れます。

(渋皮は残すように切れ込みを入れてください)

熱湯につけた鬼皮は柔らかくなるので
切れ込みから手で簡単に向けますよ。

 

では気を取り直して、美味しいいただき方を紹介します。

 

まずひとつ目の調理法は「栗の渋皮煮」。

鬼皮をむき終わったら、鍋に水を入れて栗を入れます。

沸騰したら、弱火で30分程度茹でます。

 

ザルにあけて、余分な皮をむきます。

その後もう一度鍋に水を入れて栗を入れ、
沸騰したら弱火で20分程度茹でます。

ザルにあけて、もう一度余分な皮をむきます。

鍋に栗を入れ、栗がひたひたにかぶる程度まで水を入れ、
砂糖を適量入れ30分ほど煮ます。

冷めたら完成です。

渋皮を取る作業が少し面倒ですが、
それが終われば調理は簡単ですね。

 

次の料理法は「くりきんとん」。

まず栗を鬼皮がついた状態で茹でます。

次に栗を包丁で半分に切り、スプーンで中の実を出します。

ザルでこした栗に砂糖を混ぜ、弱火で砂糖をなじませてください。

この時にしっとりとした状態になればOKです。

最後にラップに大さじ2杯位とり、丸めてひねれば完成です。

簡単に和菓子が作れるのもうれしいですね。

 

最後の料理法はやっぱり「栗ご飯」。

まずお米を3合研いでおきます。

炊飯器にお米を入れて、
お酒とみりんと白だしをそれぞれ大さじ1杯、
塩を小さじ1/2杯入れ、
3合のラインまで水を入れて軽く混ぜます。

その上にだし昆布を5センチほどと
むいた栗を乗せて通常通り炊飯します。

炊きあがったら完成です。

まとめ

おさらい!

持ち物

  • 軍手
  • 虫よけスプレー
  • トング・火ばさみ
  • 救急セット
  • クーラーボックス

服装は、長そで長ズボン、
そしてそこが厚い運動靴がおすすめ!

 

秋の柔らかな日差しの中での栗拾い、
そして帰ってからの美味しい料理。

収穫の秋と味覚の秋を同時に感じられる栗拾い、
ぜひ出かけてみてくださいね。

-秋冬

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.