子育て

子育てと仕事を両立する上での悩みを解消するために実践してきた4つのこと

投稿日:2018年6月26日 更新日:

出産後も仕事を辞めずに復職して、
頑張って続ける人は今の世の中、増えてきています。

しかしみんな、何かしらの悩みを持って
生活しているのが現状です。

悩みを抱えているのは
あなた一人に限ったことではありません。

子育てと仕事を両立させようとしている
ほとんどの人が抱えている悩みです。

だから、一人でどうにかしなくちゃと思って
抱え込むのは絶対だめです。

それでなくても子育てと仕事の両立は、
想像以上に大変なことです。

抱え込むとストレスが溜まる一方で
病気を招きかねません。

恥ずかしいと思わず
自分が大変なこと、悩んでいることなど
声に出して相手に伝えてみましょう

それが解決への糸口となります。

ではどんな悩みがあって、
どうすれば解決につながるのか
確認してみましょう。

心身ともにゆとりがまったく持てない…

毎日、最低限のことをするのが
精いっぱいで、疲れ果てて夜はバタンキュウ…

かくいうわたしも、
まさにゆとりがまったくない生活に悩んでいました。

自分のことは二の次で、
まずは子供のことを最優先に取り組む。

仕事では時短勤務で残業ができない分、
必死に取り組む。

バタバタ帰宅して、お迎えに行き、激戦タイムへ突入。
夕飯の支度、夕食、お風呂、寝かしつけ。

テレビを見てのんびりする時間はほとんどなくて、
ただひたすら疲れから休みたい
という気持ちしか持てない生活をしていました。

このような生活スタイルから湧いてくる次の悩みは…

子供と過ごす時間が少なくなってしまう…

時間に追われるようなバタバタした生活のため、
朝起きてから保育園・幼稚園に送り届けるまでの時間、
お迎えに行って帰宅してから寝かしつけまでの時間しか、
子供と一緒に過ごす時間がありません。

しかも、このわずかな時間も、
べったり一緒に過ごせるわけもなく、
他のことに追われてバタバタしています。

じっくり向き合っている時間が
あるのかと聞かれたら、
ほとんど無いといっても過言でないです。

常に時間に追われているバタバタした生活の中、
子供は空気を読むということがまだできませんので、
どこまでもマイペースです。

だからついつい
「はやく、はやく」「いそいで、いそいで」
とイライラした気持ちで
声も大きくなっていってしまい、
後で自責の念に駆られるという状態を招きます。

このような状態から必然的に、
余計なことにかける時間がないわけで
次の悩みである、

家の中が散らかってしまう」につながります。

仕事においてももちろん、悩みは尽きません。

仕事のやりがいを感じられないし、気兼ねしてしまう

子育て中であれば利用できる時短勤務

しかし、時短勤務になると
限られた時間しか働くことができません

さらに、子供の急な体調不良などから
突如かかってくる保育園・幼稚園からの呼び出し電話。

急な休みが生じるため、責任の重い仕事などは担当ではなく、
簡単なことや雑用的なこと、
または誰かのサブ役やフォロー役になります。

これでは、自分自身の仕事へのやりがいが高まるはずもなく、
ただただ、何か起きたら迷惑を掛けてしまうのではと思うことばかり。

また、同僚が仕事をしている時間に帰るため、
理解のない同僚から心に突き刺さるような言葉を
言われることも出てきます。

けれど、そんなことを気にしている余裕もなく
またバタバタと帰宅して、お迎えに行き、夕食を作って
という日々の生活を送るわけです。

そこから、悩みが募りすぎて誰しも1回は会社を辞めたい、
辞めようかなぁという悩みにつながるわけです。

悩みのを解消するために実践してきた4つのこと

こうやって思い返してみても、
いろいろな悩みがありますよね。

これらの悩みを解消するために
行ってきた方法を紹介します!

周囲に適度に甘える。これ本当に重要!

共働き家庭では、夫婦協力し合って
子育てと仕事を両立させようとします。

役割分担を決めて行うわけですが、
どうしても仕事の都合上、
役割が果たせなくなる場面が起こります。

そして、女性への負担が少なからず
増えることが多くなるのです。

少し前に話題となったドラマでも家事分担について
話し合いの時間が持たれていました。

夫婦で役割分担の見直しを
随時行うことが大切になりますね。

1度決めた方法でだめなら改善案を持ちあって、
お互い妥協点を見つける作業はとても重要です。

また、近くに両親が住んでいれば
困ったときに素直に甘える、
近くに両親がいない場合は、
外部の有料サービスを上手に利用するという手段があります。

市町村によってさまざまではありますが、
子育て支援サービスとして紹介されていることが多いです。

ホームページを確認しておくと何かの時に安心できますよ。

限られた時間を有効活用!細々した時間を活用しよう!

子供が起きている時間などは、
自分のペースで物事が進まないのが常となるため、

寝ている早朝、夜遅くを上手に使う
と随分変わってきます。

自分が得意な時間帯どちらかでかまいません。
ごく短時間集中して取り組むと
思いのほかスムーズにはかどり、
ゆとりや気分転換つながりますよ。

わたしは、夜が苦手なので
早朝、夕飯の下ごしらえをしたり、
部屋の簡単な掃除や洗濯物を畳んで
チェストにしまったりを行っていました。

また、出勤前の化粧タイムなどは
iPad を活用してドラマや映画をほんの数分見たりして
気分転換を図っていました

会社では情報共有を密に!コミュニケーションが重要!

時短勤務だとどうしても給料も下がるし、
やりがいを持てる仕事も担当できにくくなるし、
いつ休むようになるかわからない
という状態が常に付きまといます。

だからこそ一番は上司と、次いで同僚と
情報共有を密に行うことが大切となります。

短時間で成果を出せるよう
最大限、自分の仕事の能力を高めるよう取り組むこと

また、子供の保育園・幼稚園の行事を
早めに伝えて、仕事の調整を早めに図ること

保育園・幼稚園では今、こんな病気が流行っていて
休んでいる人が多いなど、小さなことでも伝え、
前もって相手が心積りできるように伝えることが大切です。

上司と同僚への感謝の気持ちを忘れず、
真摯に取り組む姿勢を見せれば
相手も次第に理解を示してくれ、
何かの時には助けてくれるようになります。

体調管理は基本中の基本です!

子育てと仕事を両立して行くためにも
一番は、自分の体調管理をしっかりする
ということを欠くことができません。

悩みを解決する上でも
まずは自分自身が倒れるわけにはいきません。

からだ作りは必須です。

自分のことは二の次になり、
ストレスも非常に溜まって、
息抜きで発散することもできない状態では
必ずからだは不調サインを出し始めます。

それに伴って一番困るのは子供です。

それでなくても、大好きな両親と離れて
我慢している時間が多い中、母親が倒れてしまえば
更なる我慢を強いられるわけです。

それを避けるためにも悩みを少しでも軽く、
そして一つでも多く解決していかなければいけません。

まとめ

わたしの場合、仕事と両立がなかなかできず、
随分悩んで仕事を辞めたいと本気で考えた時期がありました。

そんな時、同じ悩みを経験された
名前も知らないネット上の
コミュニティーサイトのメンバーに助けられ、
仕事と子育ての両立を続けることができました。

悩みを抱えているのは自分一人だけではなく、
同じ境遇、経験をしている人、してきた人はたくさんいます

だから、悩みを一人で抱え込まず、
声に出して相手に伝えてみてください。

必ず、解決するための糸口をつかめるはずです。

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.