子育て

シングルマザーが子育てと仕事の両立するために実践すべき5つこととは!?

投稿日:2018年9月5日 更新日:

子育てと仕事の両立。

保育園に預けて、仕事をがんばろう!
と思っていたけど、現実は厳しい事ばかりです。

仕事が終わっても、家事や子どものお世話など
休まる暇がありませんよね。

シングルマザーの私が子育てと仕事を両立するために実践してきたことは、

  • 職場で味方を作る
  • 包み隠さず話す
  • 洗濯の準備は夜にすべて終わらせる
  • 朝は早起きをする
  • 夕食は絶対!家族で食べる

以上5つです。

シングルマザーが子育てと仕事の両立でぶつかる壁…

いざ子どもを保育園に預けて、職場復帰!
または、新しい職に就いた方もいると思います。

この時点で、よく起こることは「子どもの急な発熱」です。

保育園から職場に電話がかかってきて、

「お迎えお願いします。」

上司や同僚に頭を下げて、早退して子どもを迎えに行きます。

「また熱?」などと
嫌味を言われたことがある方も、少なくはないでしょう

自宅では、
トイレトレーニングの時期に、
お布団でのおもらしですね。

朝の忙しい時間に、敷きパッド、シーツを一気に
洗濯してほしていました。

子ども用の、おねしょシーツをしても
なぜかおねしょシーツが無い場所で、
しちゃうんですよね…

あげていくときりがありませんが、
子育てと仕事を両立しているお母さんは、
とにかく毎日大忙しですよね。

時間には限りがあるので、
私は、夜と朝の時間を工夫しながら
家事をこなしていました。

子育てと仕事を両立するために実践した5つのこととは!?

「楽」を目指しているわけではありませんが、
忙しい中でも時間や心に余裕ができると
嬉しいものですよね。

シングルマザーの私が子育てと仕事を両立するために
実践したことを5つ紹介します。

  • 職場で味方を作る
  • 包み隠さず話す
  • 洗濯の準備は夜にすべて終わらせる
  • 朝は早起きをする
  • 夕食は絶対!家族で食べる

職場で味方を作る

子どもの急病で早退しなければならない時、
私が代わりにやるから、帰っていいよ。

と言い合える仲の同僚を作りましょう。

同じ理由で困っている人を、助けていけば
自分が困ったときに、きっと助けてくれます

そして、仕事は余裕をもって進めていくことです。
急に休んでも大丈夫なくらいの余裕を作りましょう。

また、子どもの様子から「なんだか熱出しそうだな」
とわかってきますので、自分の中で急な休みを予想していました。

包み隠さず話す

朝、子どもの調子が悪そうなときは、
「もしかしたら、早退しなければならない。」
と上司に朝一で伝えていました。

そうすると、
「〇〇までは、終わらせといてね。」
と具体的な指示をもらえます。

指示されたことは、必ず終わらせてから早退していました。

そして、大事なのは次に出社したときに
「昨日は早退してすみませんでした。」
と同じ部署の人に声をかけることです。

やはり迷惑をかけている事には変わりはないので、
きちんと気持ちを伝えていました。

洗濯の準備は夜にすべて終わらせる

次は自宅で実践していたことを紹介していきます。

まずは洗濯です。

洗濯は朝やる方と夜やる方と、いろいろだと思いますが、
私は断然、夜に準備しておく派でした。

理由は、おねしょ対策です。

朝、おねしょがあった時に、すぐ洗濯して干せるように
洗濯機のスタンバイをしていました。

朝は早起きをする

朝のバタバタがどうしても嫌だったので、
朝は早起きをして、朝食を作り、
夕食の下ごしらえまでやっていました。

たしかに、仕事が忙しく早起きが
つらいこともあると思います。

でも、早起きして、時間に余裕をもつことで
子どもの持ち物の確認もきちんとできて
忘れ物もほぼ無くなりました。

夕食は絶対!家族で食べる

自分が忙しいと、子どもに目がいかなくなってしまいます。

なので、夕食を食べながら、いろんな話を聞いています。

親子の心がバラバラにならないように、
「お話」の時間は大事にしています。

まとめ

働いているお母さんそれぞれが工夫しながら、
子育てと仕事を両立していますよね。

これに答えはありません。

一人で子育てしている気持ちにならずに、
家族や職場の方と相談しながら、
やっていくのが一番だと思います。

まわりの人に、自分の情報を発信して
自分のやり方を見出していくことが大事です。

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.