子育て

子育て中「疲れた、逃げたい」と思ったときにとってほしい行動

投稿日:2018年5月10日 更新日:

初めての妊娠、出産、育児と
初めてのことばかりで失敗もあれば不安なこともありますよね。

これから保育園に預けるまでの約1年は
赤ちゃんと二人で毎日ずっと一緒です。

朝は赤ちゃんに起こされるところから始まり、
夜眠りにつくまでお世話に追われます。

夜泣きをしている場合は、夜中も赤ちゃんのお世話です。
子育てをしていると、少し気持ちが煮詰まってきます。

なぜかわからないけれどこの状況から
「逃げたい」と思ってしまうことがありませんか?

そんなとき、心に余裕ができるような方法を紹介します。

初めての子育て。逃げたくなるのは当たり前

初めて赤ちゃんに出会えた時、
あまりにも小さくて、触ると壊れそうな印象を持ちませんでしたか?

「可愛い」と思うより先に
「守ってあげなくてはいけない」という責任感
感じる場合が多いかと思います。

実際、私も赤ちゃんと退院して家に帰ると
「可愛い」という感情より
「守ってあげなければ死んでしまう」という
感情が出てきていました。

この考え方こそが、煮詰まってしまう原因なんです。

なんでも完璧にこなさなければ、
夫には任せられないと思いがちです。

それではストレスがたまってしまったり
赤ちゃんに泣かれたとき「逃げたい」「疲れた」と
感じてしまいかねません。

ですが、「逃げたい」「疲れた」と思うことによって
「母親失格なのでは」「愛情が足りない」などとは
絶対に思わないでくださいね。

「逃げたい」と思ったからと言って母親失格なわけありません

初めての子育て、わからないことや不安があると
逃げたいと思ってしまうのは仕方のないことなんです。

毎日、子どものことを考えて
しっかり子育てをしている証拠ですよ。

「逃げたい」「疲れた」と感じた時に行うこと

「逃げたい」「疲れた」と感じた時、
やってほしいことを紹介します。

「逃げたい」「疲れた」を思ってしまうママのほとんどは
夫に子どもを任せるのが心配で、
すべて自分で子育てをしている場合が多いです。

一度思い切って夫に育児を任せてみませんか?
2時間でも3時間でも構いません。

あなたの「逃げる」時間のために
子どもを夫に見てもらいましょう。

夫に見てもらっている間、
一人で好きなことを行うことで、気持ちがすっきりしますよ。

夫に任せるときはあまり細かい指示はせずに
ざっくり準備し、一通りのお世話を教えたら
あとは任せてみましょう。

夫に任せられないときは
一時保育などを利用してみてはいかがでしょうか?

保育園で働いている先生たちはプロなので、
しっかり面倒を見てくれますよ。

1日何をして、何回排泄して、ご飯は何を食べたのかなどを
詳しく知ることもできます。

たくさんのお友達と触れあうことで学べることもありますよ。

一日預けるだけで、ママの負担は変わってきます。

子どものためにつかっていた時間が
自分のためにつかえるようになるのです。

「逃げたい」「疲れた」を思ったときは
一人で悩まずに周りに頼ってみてくださいね。

まとめ

  • 子育て中「逃げたい」「疲れた」と思うのは悪いことではない
  • 夫や保育園に頼ってみるのもおすすめ

子育て中に「逃げたい」「疲れた」と思ってしまうことは
ほとんどのママが経験していることです。

なんでも完璧にしようとしたり、
頼り方がわからなかったりすることが主な原因です。

子育ては一人で行うものではありません。

周りの人の手助けをしてもらいながら
自分も子どもと一緒に成長していきましょう。

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.