食べ物

おでんが余った…簡単に出来るリメイク術!洋風のあれに大変身!?

投稿日:2018年10月16日 更新日:

さむーい季節に食べたくなるのが
あっつあつのおでん!

特に寒い冬に食べると
体の中から温まってホッとしますよね♪

 

そんなおでん、ご家庭で作った時
作りすぎて余ってしまうことありませんか?

おでんとして食べるのはもちろん美味しいですが
飽きてしまいませんか?

なんと、おでんもリメイクが出来るんです!

あの和風のおでんが洋風の食べ物に変身しちゃいますよ♪

余ったおでんのリメイク法!お弁当にもOKなおかずに!?

夜ごはんに作ったおでん、
少し多く作りすぎてしまったのか余ってしまう…

なんてことよくありますよね。

その夜ごはんの残りのおでん
次の日のお弁当のおかずに変身できますよ♪

 

  • «ポテトサラダ»

おでんのジャガイモを使ってポテトサラダが作れます!

普通のポテトサラダと作る手順は一緒です!

ベーコンを刻んで炒めて、ジャガイモをつぶして
混ぜて、お好みでマヨネーズやブラックペッパーで味付け♪

 

  • «大根の竜田揚げ»

おでんの汁をたくさん吸って
しみしみしている大根に片栗粉をまぶして揚げます♪

大根がさくさくの竜田揚げに変身!

 

  • «土手焼き»

おでんの余った具に牛コマをプラスして
おでんのだし汁でぐつぐつ煮ます!

そのに白味噌とみりんで味付け調整して出来上がり♪

 

  • «ちくわの胡麻和え»

余ったちくわのだし汁を切って斜め切りにします。

フライパンで炒め、
そこに白すりごまをかければ出来上がり♪

汁気がちゃんと飛ぶまでフライパンで
炒めるのがポイントですよ♪

などなど、
お弁当のおかずにも見事に変身してしまうおでん!

お弁当の為に少し多めに作ってもいいかもしれませんね♪

おすすめのおでんのリメイクは?コロッケやカレーにもなる?!

そのままでも十分美味しいおでん
個人的な感想ですが
特に2日目のおでんは最高においしいと感じます♪

さすがに作りすぎたおでんは
おでんのままで食べるのは味が飽きるし
見栄えも色とりどり!
というわけでもないので飽きてしまいますよね…

 

そこでお弁当のおかず以外にも
普通に次の日の食卓に並べられる
リメイクおでん人気の5品をご紹介しますね♪

 

  • «炊き込みご飯»

おでんの余りの具を食べやすい大きさにカット。

お米を洗ってお水の代わりにおでんのだし汁を入れます。

そこに先ほど切ったおでんの具材を並べて炊飯スタート!

あっという間に炊き込みご飯の出来上がり♪

 

  • «お好み焼き»

おでんの具とだし汁をプラスして
後は普通のお好みを焼く時の手順で作れちゃいます!

味が染み込んでいるので美味しいですよ♪

 

  • «カレーライス»

普段通りにカレーを作る手順と一緒!

ただ、野菜が煮えたときに
おでんの具とだし汁を少し加えるだけ♪

和風のカレーライスの出来上がり♪

さらにうどんを入れればカレーうどんにも早変わり!

 

  • «コロッケ»

おでんのジャガイモ、卵。

それにプラス玉ねぎとひき肉でコロッケに変身!

おでんのだし汁を染み込ませたジャガイモで
作るコロッケはまた普段とは違って美味しいですよ♪

 

  • «ドリア»

おでんの具を細かく1cmほどに刻んでください。

刻んだ具を鍋、またはフライパンに入れ、
おでんのだし汁を注ぎ温めます。

あとは市販のクリームシチューの
ルーを入れシチューを作ります。

それをご飯の上にかけチーズをのせてオーブンへ!

あっという間にドリアの出来上がり♪

 

これだけいっぱいアレンジできる万能おでん!

次の日のメニューも考えて
いつもより多くおでんを作ってしまうのも
ありなのではないでしょうか♪

まとめ

冬の日に食べたくなるおでん。

私が子どもの頃は、
しょっちゅう食卓に並んで味も飽きるし
正直あまり好きではないメニューの一つでした…

しかし大人になるとなぜかあのしみじみしたのか
食べたくてついつい作ってしまいます。

 

今ではスーパーで温めるだけのものや
コンビニで手軽に買えるおでん!

地域によっても家庭によっても味がさまざまで
トマトおでんたるものもあるそうですよ!

トマトが苦手な私はちょっと試すのが怖いですが
トマトおでんならアレンジ方法もさらに増えるのかな?
と、思うことから少し試したい…とも思いました!

みなさんも冬の寒い日おでんを食べて温まってくださいね♪

-食べ物

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.