季節のイベント 秋冬

地域によって違う!?お正月の鏡開きはいつなの!?

投稿日:

丸くて平らなお餅が2段の上ミカンを飾った«鏡餅»

門松や、注連縄(しめなわ)と同様に
お正月に飾るお物の1つですよね。

 

ただ、ほかの飾り物とは違うところがあります。

それは、食べ物であること!

 

お正月に飾りカチコチになった鏡餅をいただくときに
行う儀式を«鏡開き»といいます。

お餅が大好きな私は、毎年この時を楽しみにしています♪

 

あなたの家の鏡開きはいつですか?

我が家は毎年1月11日に行っていますよ!

関東では1月11日~15日まで
関西では1月15日~20日までと
実は地域によって、行う日にちが異なるのです!

鏡開きの意味知っていますか?マナーと豆知識についてまとめました。

鏡餅とは年神様にお供えする床飾りです。

神話の時代に、天照大神(アマテラスオオミカミ)が
瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)に
八咫の鏡(やたかのかがみ)、
八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)
と三種の神器を授けました。

この三種の神器の一つ、八咫の鏡(やたかのかがみ)を
想像するものとして昔から、鏡は神事に用意られてきたのです。

また、鏡には神様が宿るとも言い伝えがあり
鏡に似せた丸く平らな餅«鏡餅»を飾り新年を迎えるのです。

これらが、ただのお餅ではなく«鏡»餅という由来とされています。

 

鏡餅の飾る日は一般的に
年越し前12月26日~28日と言われています。

8という数字が«末広がり»でよいと言われているからです。

 

逆にそれを越して29日に飾ってしまうのは
9という数字は«苦しむ»という意味や
29は«二重苦»とも言われているので良くありません。

 

年越し前!と思って31日に飾るのは
«一夜飾り»といって縁起が悪いので避けましょう。

 

飾る場所は、玄関、台所、リビング
その他、大切なところに飾るといった感じが一般的です。

 

お正月、三が日が過ぎてもお正月飾りはまだ残っていますよね。

その期間のことを松の内といいます。

松の内の終わりに鏡開きをするのですが
この松の内が地域によって違うのです。

関東では1月7日まで関西では1月15日まで。

 

もともとは、日本全国で15日が松の内
20日に鏡開きをすると決められていたのですが、

江戸時代1651年4月20日に
徳川三代将軍、家光が亡くなったことから
20日は命日にあたるので、鏡開きをすることが良くないとされました。

そしてゾロ目で縁起も良いことから
1月11日に行うようになりました。

しかし、松の内は15日ですから
鏡餅をするのは、神様に対して失礼なのでは?

という考えから、松の内を1月15日から1月7日に変更したのです。

 

しかし、松の内や鏡開きが変更になったことが
全国に広まらなかったため
地域によって鏡開きの日にちが異なるのです。

 

もし、この時代にインターネットが
あったなら地域での違いはなく
11日に全国で鏡開きが行われていたかもしれませんね♪

 

鏡餅は、神様が宿っていると考えられているので
捨てないで、ありがたく全部食べましょう!

また、刃物で切ることは«切腹»を連想させるため
縁起が悪いとされています。

なので、十分に乾燥させヒビの入ったところから
ハンマーで叩き割って食べましょう♪

鏡開きでお餅が余った時…子供が喜ぶおすすめアレンジ料理とは!?

みなさん、鏡餅はどのようにして食べていますか?

私は、ぜんざいで食べるのが一番好きです♪

あの、甘い小豆にお餅のモチモチ!たまりません♪

しかし、正直毎回同じだと飽きる…

 

そこで、鏡開きで余ったお餅を
美味しく、子どもも喜んでくれるレシピにヘーンシン!トウ!

 

まずはスタンダードにぜんざい

お水と市販の小豆缶があれば簡単に出来ますよ♪

 

餅グラタン
小豆や甘いものが苦手なお子様でもこれならいけるでしょ!

牛乳・生クリーム・コンソメ・ベーコン・チーズで
作り方は普通のグラタンと一緒です!

 

お好み焼きin餅

お好み焼きの具として入れちゃいます!

お餅がモチモチで腹持ち抜群!

 

あげ餅

お餅を細かく割って油で揚げただけのシンプルおやつ!

サクサクおいしくて子どもはもちろん
大人は酒のおつまみとしても良いですね♪

 

などなど、お餅はなんにでも合いますね♪

いろいろなアレンジ方法があるので試してみてください♪

まとめ

鏡餅はお正月の飾り物だから一応かざっとこ
と思って飾る方もいると思いますが。

ちゃんと、意味のある日本の伝統的な文化です!

忘れないようにしたいですね♪

 

また、お餅はとてもおいしいですが
のどに詰まらせないように、ゆっくり焦らず食べてくださいね♪

-季節のイベント, 秋冬

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.