家事

新しいタオルは買ってすぐだと絶対毛がつく!?ふんわりしながらも毛を消す方法

投稿日:2018年12月14日 更新日:

新しいタオルってふんわり柔らかで、
とっても気持ちいいですよね!

濡れた肌は繊細だし、やわらかいタオルで
優しく拭いてあげたいものです。

が、しかし!
拭いた瞬間
「体にたくさんの毛羽がくっついた!」
「洗濯したら他の洋服にまでたくさん付いてしまった!」
なんてこと、ありませんでしたか?

またシャワーを浴びて洗い流したり、乾いた洗濯物に付いた
毛羽をコロコロなどで取り除くのって本当大変なんですよね。

新しいタオルのあのふんわり感を残しつつ、
毛羽落ちしにくくするにはどうしたらいいのでしょうか。

ズバリ!手始めにたっぷりの水で選択しましょう!

新しいタオルでも風合いは生かしたまま毛がなくなる方法とは!?

まず、新しいタオルをたっぷりの水量で洗濯しましょう!

新しいタオルの場合、きっとあなたも使う前に
一度は洗っていると思います。

タオル製造の最後の検品でも取りきれなかった毛羽や、
また自分の手元に来るまでに付いてしまったホコリを
落とすためにも使用前の洗濯をオススメします。

では、なぜたっぷりの水で洗うことが大切だと思いますか?
たっぷりの水で洗うと、タオルの表面に付いた
毛羽やホコリが流れ、取り除かれるからです。

逆に水が少ない状態で洗濯したり、他の洋服などで
洗濯物がいっぱいの中で洗うと、毛羽やホコリが
流れ落ちないだけでなくタオルと洋服が擦れた
摩擦で、タオルの表面の繊維が切れてしまいます。
結果、毛羽が洋服に付いてしまうことになるんです。

他の洋服に毛羽が付かないように、タオルだけで洗えれば
一番いいんですが、洗濯物もたくさんあるし水道代も時間も
かかってしまいますよね。

そういう時はタオルを大きめのネットに入れて洗うといいですよ。
他の洋服とタオルが擦れ合わないようにするだけで
タオルの繊維が守られ、切れにくくなります。

そして洗濯する時、もっと柔らかくしたいと柔軟剤を
利用する方は多いと思いますが、新しいタオルを洗う時は
その柔軟剤の量少なめにしてください。

柔軟剤はタオルを柔らかくし、肌触りもサラッとさせる効果が
ありますが、まだ新しくやわらかいタオルにとっては逆に繊維が
滑りやすくなって毛羽落ちの原因にもなってしまうんです。

ある程度、タオルの毛羽落ちが落ち着くまでは
柔軟剤を使用しなくてもいいですね。

そして次は干す時取り込む時です。

干す時はタオルをバサバサ振って、
キレイに整えてから干しましょう。

一般的なタオル生地は表面に綿糸のパイル
(繊維がループ状になった織り方)がたくさんあります。
バサバサをするだけでも、表面にあるパイルが起き上がります。
その状態で乾かすとふんわり感が格段に変わるんです!

そして取り込む時も同じようにバサバサしてくださいね。
そうすることで今度は表面についてる余分な
毛羽やホコリを取り除くことができます。

どうして新しいタオルは毛が出やすいの?その原因は!?

新しいタオルなのに、毛が付いたり洗わなきゃいけないって
不思議に思いませんか?私もなんでだろうって思ってました。

私も調べて分かったんですが、タオルは綿の繊維を束ねて、
ねじり合わせた糸を織って作られているんです。
この時の繊維のねじりがゆるい物ほど、
柔らかなふんわりタオルに仕上がるんです。

でもねじりが弱いということは、繊維と繊維のつながりが
弱いということなので、肌に擦れたり洗濯時の他の洋服など
との摩擦で繊維が切れてしまうんです。
それが毛羽落ちの原因なんです。

ですからやわらかいタオルを使いたいなら、
少々の毛羽落ちは避けられないということなんですね。

まとめ

ここまででお伝えした洗濯方法などを実際に行なうことで、
ある程度の毛羽落ちを対処することができ、なおかつ
やわらかいふんわりタオルの状態を保つことができます。

やわらかいふんわりタオルは赤ちゃんの肌をも守ると言われる
ほど心地いいものですから、そのふんわりをある程度長持ち
させるためにも新しいタオルの扱い方には注意しましょう。

 

-家事

Copyright© Komari's Note , 2019 All Rights Reserved.