子育て

今更人に聞けない!よく聞く「お七夜」の意味って?何をするの?

投稿日:

「お七夜」って知っていますか?

赤ちゃんが産まれたばかりのお母さんやもうすぐ産まれるお母さん、
出産を経験した方なら聞いたことがありますよね。

赤ちゃんが産まれると「お七夜」「お宮参り」「お食い初め」など
昔から日本で行われてきた様々な伝統的な行事があります。

 

それぞれ方法は違えど、産まれてきた赤ちゃんの誕生のお祝いで
これから先の赤ちゃんの健やかな成長や幸せを願うものです。

また各地方で特有の伝統的な祝い事もあります。

では「お七夜」とはどういうことをするのでしょうか?

 

赤ちゃんが産まれたら、まず一番初めに名前を付けますよね。

そして日本では出生届は生後14日までに役所に提出します。

 

お七夜とは出生届の提出より前に、命名式という形で
お七夜を行い赤ちゃんの健やかな健康と成長を願う儀式のことです。

古くは平安時代から行われていました。

昔は赤ちゃんが無事に育つことが多くなかったため、
節目となる七日目を迎えられたことのお祝いをしたのが由来とされています。

 

現代では、産科の病院で出産することが多く、入院期間はおよそ
一週間程度なので、お母さんと赤ちゃんの退院祝いと一緒に
お七夜を行うという家庭が多いです。

内容としてはお赤飯や尾頭付きの鯛などの祝い膳を
家族で食べて、お宮参りまでの期間命名書を神棚のところに飾ります。

ちゃんと分かってますか?お七夜の数え方!産まれた日は0日?1日?

これはズバリ、産まれた日は1日目です。

赤ちゃんのお七夜は生まれたその日を1日目として、
7日目の夜にお七夜を行います。

ですが、先ほども述べたように病院で出産した場合は
7日目に入院しているお母さんもいるので、
退院と同時に行う家庭も多くあります。

今では「絶対7日目に行わなければいけない!」ということはありません。

これでアナタも大丈夫!イマドキのお七夜のやり方をご紹介!

古来から執り行われてきた「お七夜」。

家族で祝い膳を食べ、産まれてきた赤ちゃんの
健やかな成長と幸せを願います。

最近ではお七夜でどのようなことをしてお祝いしているのでしょうか。

我が家ではお七夜の時の記念に、市販の手形足型キットを使って
赤ちゃんの手形と足型をとりました

赤ちゃんの手足を汚さない透明なインクで専用の紙にペタリと押しました。

小さな手足のかたちはとてもかわいらしかったですよ。

その後も何かの節目に手形足型を取って、我が子の成長を喜びました。

 

かたちに残るので記念としてもおススメです。

 

ほかの家庭では、お七夜の夜にお互いの両親を招いて
自宅で食事会をしたというのもよく聞きます。

退院したばかりのお母さんの準備や後片付けなどの
負担を減らすために出前を取るところも少なくありません。

 

なるべくならお母さんと赤ちゃんに負担のないようにしたいですね。

まとめ

お七夜はお母さんにとっても赤ちゃんにとっても
産まれて初めてのお祝い事です。

お母さんは「産褥期(さんじょくき)」といって、
妊娠・出産で大きく変化した体を回復させるための
体調が不安定な時期でもあります。

 

お祝い事も大切にしたい気持ちもありますが、
まずはお母さんと赤ちゃんの体調を最優先にして、
無理のないようにしましょう。

体調がすぐれなかった場合は日にちをずらしてお祝いしたり、
お宮参りと一緒に行ったりするのも一つです。

また、地域によっては風習や習慣が異なる場合もあるので、
お互いの両親に聞いたりしておくのも大切ですね。

 

古くから伝わる「お七夜」。

家族の一員としてのお披露目でもあり、命名式でもあります。

産まれてきた赤ちゃんの健やかな成長と
幸せを願う気持ちは今も昔も変わりません。

 

産まれてきて最初のプレゼントである「名前」を付けて、
家族全員が無理なく幸せな気持ちでお祝いできるよう、
家族で協力してくださいね!

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.