子育て

ママ友トラブルを回避するためのポイントとは!?

更新日:

幼稚園や保育園など、
子供が新しい環境に入るとき
ママが気がかりなことは「ママ友」の存在。

仲のいいママ友ができるかどうかはもちろんですが、
ママ友とのトラブルに
巻き込まれてしまったらどうしよう…と
心配になってしまいますよね。

そこで、ママ友とのトラブルを
未然に防ぐための方法を紹介します!

極力LINE交換はしない

ママ友間のトラブルが発生する原因として
多いのが、「LINE」です。

非常に便利な連絡ツールですので
使っている方が多いかと思います。

しかし、顔を合わせない文字だけのやり取りは、
行き違いや誤解を生みやすいもの。

しかも、LINEはチャットのような
スピード感のやり取りになる上、
自分のメッセージを読んだかどうかが
すぐにわかります。

「こんなこと言って、どういう意味!?」や
「既読がついたのに全然返事がない!」
といったことから
トラブルにつながりやすいのです。

誤解がすぐに解ければいいのですが、
わだかまりが残ったり
そもそも誤解が解けないままになってしまうと
行事で顔を合わせるたびに嫌な思いをしたり、
気まずい思いをしたりします。

そういったトラブルを避けるためには、
極力LINE交換をしない方がいいですよ。

私も子供が幼稚園に通っています。

役員のお母さんが
事務連絡のために作ったグループLINEには
やむを得ず入りましたが、
個人のお母さんとは一切LINE交換をしていません。

とくにそれで不便を感じたことはないですし、
仲のいいお母さんとは
幼稚園で顔を合わせたときにお話するので
何の問題もありませんよ。

LINE交換を避けるために、
「私連絡無精でLINE苦手なんだよね。
よく夫にも怒られている」
などと予防線を張っておくというのも
オススメです!

家庭などの踏み込んだ話はしない

女性同士はつい
お互いの踏み込んだ話をしてしまうもの。

ママ友間でも、子供の話だけでなく、
夫の話や自分の仕事の話など
話題にしやすいネタはたくさんあります。

しかし、あまり踏み込んだ話をすると
それがトラブルの元になることも。

自分ではそのつもりがなくても
自慢話のように聞こえてしまったり、
悪気なく相手の嫌な話題に
踏み込んでしまう可能性もあります。

それぞれの家庭には、
小さなことから大きなことまで
さまざまな事情があるものです。

どこに「地雷」があるかわかりませんので、
デリケートな話題
うまくかわすように気をつけましょう。

まとめ

LINE交換や踏み込んだ話題を避けることで、
ママ友トラブルを回避することができます。

ママ「友」とは言いますが、
自分の友達になるとは限りません。

プライベートな線引き
しっかりしておきましょう。

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.