夫婦

結婚してから旦那の世話が増えたと思ったら、旦那を育てましょう!

更新日:

結婚する前は結構マメに料理してくれたり、
プレゼントをくれたり記念日を祝ったりしてくれていた旦那も
いざ結婚すると釣った魚にはエサをやらないといったようにマメさがなくなった。

しかもなんか旦那の世話ばっかりしている

なんて人多くないですか?
私の旦那も結婚前は料理を作ってくれたり、家に遊びに行くと
すぐに飲み物を出してくれたりなんてこと当たり前でした。

しかし、結婚した今ではコーヒーも自分で入れない、
靴下も脱ぎっぱなし、やってくれる家事はごみ捨てだけ!

そりゃ新婚だったらしょうがないと世話してあげれますよ。
でも何年も経つと腹が立ってきますよね。

子供がいる家庭なら尚更!

なんで子供の世話にプラスして旦那の世話しないといけないの!となります。

結論から言います!
ここは仕方がないので旦那を育てましょう。

もともと出来てたってことはやれば出来る!単に甘えてるだけ!

最初からやらない人でしたら、
それは承知で結婚したということなので
多少は諦めないといけませんが、
元は出来ていた旦那ならまだ見込みがあります。

結婚から何年も経ってる場合、
新婚の時に仕方ないなと甘やかしていた可能性もあります。

そうすると旦那さんもこれは奥さんに任せて大丈夫だなと味を占めてきます。

それがドンドン増えていきこれも!これも!と
いつの間にかほとんど何もしなくなってしまいます。

旦那さんは携帯でゲームしているのに
一人ドタバタ忙しいと腹が立ちますよね!

旦那は毎晩コーヒーを飲むのですが、
私はコーヒー嫌いです。

それなのに、入れるのは毎回私。

一度遊んで帰ってきてコーヒを頼まれたのですが
疲れていたので自分で入れてと頼むと
「自分は遊んで帰ってきたのに?」と言われて喧嘩になりました。

私は
自分でも飲まない、旦那のためだけのコーヒーを
入れられない程遊び疲れたらだめなのか!と。

甘えもここまで来たら重荷でしかありません

これが積み重なってストレスになり、
一緒にいるのが疲れるのは良くない

今から自分の意識を改善しつつ、旦那さんにも頑張ってもらいましょう。

おだて上手に褒め上手、旦那を持ち上げ隊になろう

大概の人は上から目線で言われたり、怒られるとやる気が削がれますよね。
子供と同じで褒められるとまた頑張ろうと思うものです。

それを旦那さんに対してもやってみましょう。

でもいきなり色々頼むと
なんで!と反発するので小さなことからお願いします

たとえば「食べたら食器持ってきて欲しいな~」とか、
「〇〇片づけてくれる?その間飲み物用意しておくね」とか。
そして必ずお礼の「ありがとう」を言いましょう。

いくらやるのが当たり前のことでも頼んだのならお礼を伝えます。

この一言があるのとないのとでは大違い!
これを続けていけば、だんだん頼まれることに抵抗がなくなるようになります。
ならなければ引き続きおだててお願いし続けましょう。

子供がいる家庭なら子供をだしに使っても問題なし!
お父さんと〇〇しておいてねと言うと、
子供のほうが素直なのでお父さんを誘導してくれます。

時には「これはこーやってくれると助かるなぁー」とか
「こうやってくれたら凄く嬉しい!もっと好きになるわー」とか持ち上げましょう。

基本男性は単純なので、まんざらでもない気持ちになります。

まぁたまには「これ前も言ったよね?」とか言いますけどね。
言いたくなりますよ、何度も何度も言ってたら。

たまには悪態ついたって、
普段持ち上げているんだからそれはそれでいいです。

まとめ

結婚するとだんだんマンネリや
相手に甘えすぎていたりします。

でも負担になったりイライラすることは
改善していかなければいつか爆発しますよね。

熟年離婚が増えていっているのも、
長年の我慢が原因のひとつと言われています。

世話してあげたい時はおもいっきり世話してあげてください。
手伝ってほしいことは手伝ってもらいましょう。

あなたは旦那さんの母ではありません!

あなたは旦那さんの奥さんです。
協力しあって、認め合って、助け合って過ごしてください。
そして時には旦那さんに世話してもらって甘えてくださいね。

-夫婦

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.