食べ物

ゆり根の時期はいつ?気になること教えます!

投稿日:

綺麗な花を咲かせ、花を楽しんだ後は
根っこを美味しく頂ける。

そんな一石二鳥なお花«ユリ»

ユリの咲く時期、植えつけの時期、
根っこの収穫の時期をご紹介いたします♪

ユリの根っこどこまで知ってる?意外と知らないあれこれをご紹介!

見た目はニンニクで、食べるとホクホク!
じゃがいものような食感のユリネ。

食用として食べているのは日本と中国ぐらいらしく、
食用として出回っているユリネはコオニユリの鱗茎
他の品種はアクが強くて食用に向かないものが多いそうです。

ほかに食用としてヤマユリ、オニユリがあります。
オニユリはコオニユリと名前と見た目が似ていますが、
ムカゴがついているほうがオニユリ、
ついていないほうがコオニユリです♪

ユリネを一から育てようとすると、とても大変な作業で、
畑に植え付けをするまでに3年。
畑に植え付けてからもさらに3年。

しかも毎年植えつけた畑から引越しをし、
一度ユリネを植えつけた畑には、
最低7年は植えつけることが出来ません。

とても手間暇のかかる作業を繰り返して
スーパーやお店に並び、皆様の手元に
届けられているのです。

スーパーやお店で売られているユリネは
農家の方が最低6年は手間暇かけて育てた
貴重なユリネなんですよ♪

「最低6年もかかるなんて、
家庭菜園で育てるなんてとてもムリ!」

と思っているそこのあなた!
安心してください!

スーパーやお店で売られているユリネは、
その手間暇をすでにかけられたものが
並んでいるので、それを使えば簡単に出来ますよ♪

農家の方々ありがとうございます!

ユリ根栽培!植えつけから収穫までの育て方!

«ユリネの栽培適期»

生育適温が15℃~20℃なので、
秋(9月~11月頃)or春(2月~3月頃)
種球根を植えつけるのが良いです♪

«植え付け»

植木鉢またはプランター(8~10号)に、
園芸用の培養土を入れていきます。
園芸用の培養土は市販のもので大丈夫ですよ♪

ユリは茎から芽を出すので、
球根の高さから見て3~4倍まで穴を掘り、
球根の中央に水がたまらないよう斜めに植え付けてください。

植え付けから1か月ほどで芽が出来ます♪

春になって、茎をのばし花が咲くまで
液肥や固形肥料などを月に1回ほどあたえながら
育つ様子を観察してください♪

植物は声をかけると反応してくれるので
優しく話しかけてあげてくださいね♪

日当たりの良い温かい場所で育てますが
夏場の日差しが強い時は日陰に入れてあげてください!

植え付けから約2か月ほどで蕾がつきます♪

ユリネを食用として育てている人は
ここで花芽を摘み取ってくださいね!

花芽を摘み取らないとユリネが苦くなってしまうそうですよ!
美味しいユリネを食べたい人はここ重要ですね!

ユリネを大きくするのに欠かせないのが
花が種を落とさないようにすること!

その為、花が咲き終わったら花を取り除きます。
花を取り除いた地上部が、完全に枯れたら掘り上げてください♪
立派なユリネの収穫です♪

収穫したユリネはおがくずに埋めたり
新聞紙で包み、乾燥させないように注意して保管してください。

まとめ

ユリはとても綺麗な花を咲かせ、見る人を魅了しますよね♪
見た目が綺麗なだけではなくてユリネはとてもおいしい♪

おまけとしてユリネのレシピご紹介しますね♪

«ユリネのバターホイル焼き»

【材料】

  • ユリネ     1個
  • しめじ     1/2パック
  • ベーコン    3枚
  • バター     15g
  • しょうゆ    おおさじ1

ユリネは一枚ずつはがして、汚れをとり
大きいものは2cm角に切ってください。

ベーコンは1cm幅に切り、
しめじは根元を切りほぐしてください。

アルミホイルを敷き、そこに
ユリネ、しめじ、ベーコン、バターを入れ
包み、トースターで加熱(15分ほど)。

加熱したホイル焼きにしょうゆで味付けをしたら完成♪

綺麗な花を見て、ホクホクのユリネを食べて
家庭菜園を楽しんでくださいね♪

-食べ物

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.