雑学

そういえばどういう意味があるの?除夜の鐘の起源とは?!

投稿日:

除夜とは除日の夜、大晦日の夜の事です。

「除」には古いものを捨て去り、
新しいものへ移るという意味があります。

1年の最後の大晦日に、
古い年から新しい年へと移るという日本の仏教の行事です。

 

起源は中国の宋の時代960年から1279年で、
日本へは鎌倉時代に伝わりました。

鎌倉時代は中国文化の影響を大きく受けた時代です。
お茶を飲むようになったのもこの頃からといわれています。

さらに、日本から韓国へと除夜の鐘をつく文化は伝播します。

しかし中国では現在、除夜の鐘をつく風習はなくなり、
韓国でのそれはまた、意見合いが違ってきているそうです。

大晦日に除夜の鐘をならして、
古い年を送り出し、新しい年に移る
という習慣を持つのは日本のみとなっています。

今更だけど教えて!そもそも除夜の鐘が108回の理由って何?

煩悩の数が108だからというのが良く言われる説です。

このほかにも、四苦八苦を取り除くという説もあります。
4×9+8×9=108ということですね。
なかなかに興味深い説です。

また、12カ月と24節気と72候を足すと108になることから
1年を表しているとも言われています。

お数珠の珠も108あります。
お数珠をすり合わせるのは煩悩をすり減らす為です。

108と言う数字は、『とても多い』と言う意味も持ちます。

 

そして一番良く言われるのが煩悩の数が、という話ですが、
煩悩とは、眼、耳、鼻、舌、身、意の6つに
それぞれ、好、悪、平(よい、わるい、どうでもいい)
があって、18種類。

これら18種類にそれぞれ、
浄、染(きれい、きたない)の2種類。
これで36種類になります。

これを前世、今世、来世と3倍することで、108となるのです。

 

除夜の鐘は大晦日に鳴らし始める所がほとんどで、
最後の1つを年明けに鳴らします。

鐘の音は仏さまのお声とし、
その清らかなお声を聴きながらこの1年を振り返ります。

 

その年の自分のしたことで、至らなかったことや、
いけなかったこと、愚かだったこと、
作ってしまった罪をざんげし、
じっくり反省しながら1年をしめくくり、
新たな心で新しい年明けの最後の1つを聞くと
新しい年がいい年になるような気がしませんか!?

家族でついてみたい!除夜の鐘をつける場所って広島でもあるの?

広島でも除夜の鐘がつけるところがたくさんあります。

千光寺 広島県尾道市東土堂町15-1

「赤堂」とよばれる本堂は舞台づくりで大変珍しいものです。

 

浄土寺 広島県尾道市東久保町20-28

鎌倉時代の初期には破れ寺だったようですが、
中期から後期に再建され一部では聖徳太子が開いたとも言われています。

 

太光寺 広島県広島市西区田方1-551-1

広島市内を一望できる天台宗のお寺です。
行者山の頂上にあります。

 

不動院  広島県広島市東区牛田新町3-4-9

小さいお寺ですが秋には紅葉がとてもきれいです。
数少ない原爆の被害を免れたお寺でもあります。

 

この他にも、

  • 教専寺 広島県広島市西区草津本町15-14
  • 西楽寺 広島県広島市西区草津本町12-2
  • 浄教寺 広島県広島市西区草津本町1-22
  • 海蔵寺 広島県広島市西区田方1-1-3

ざっとさがしても結構見つかります。

西区にあるお寺さんでは「除夜の鐘ラリー」を
開催している、参加するのもいいでしょう。

年によっては除夜の鐘をつけないこともあるかもしれません。
事前に確認するといいかと思います。

 

まとめ

子供の頃は1年に1日、
大晦日だけ12時まで起きていていい
という決まりが我が家にはありました。

 

テレビをみたりみかんや甘栗をたべながらこたつにあたって、
12時になったら暖かい格好をして庭にでたりしていました。

 

キーンという寒さの中、
遠くからゴーンと響いてくる鐘の音は
神秘的ではあるるものの、
1年の反省など子供の時分にはわかりませんでした。

108つも反省点やネガティブなことがあるとは思えませんが、
1年の間につもった心の塵を、この美しい鐘の音に浄化してもらい、
今年も頑張ろうという気持ちになるのは、よい事です。

 

鐘がつける場所が近くにあるのであれば、
参加してみるのもいいでしょう!

遠くに聞く鐘の音もいいですが、
近くで実際について聞く鐘の音は、
体中に響き、よりご利益があるように感じるものです。

 

-雑学

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.