家事

家事のポイントは時間配分!正確な時間を把握し、必要なことだけする!

更新日:

たとえば外出。映画、お買い物、食事…
こういったプライベートのお出かけでも、
程度の差はあれ予定を立てますよね。

○時に起きて、○時までに朝食をとって、
○時までにお化粧して服を選んで、などなど
やることは複数です。

そしてここで必要になるのが時間配分
時間をかけようと思えば、いくらでも時間はかけられます。
しかしそれでは家から一歩も出ないで1日が終わってしまいますよね。

家事だって同じです。
上手く時間配分しないと、あっという間に時間がなくなり、
中途半端で放置することになりかねません。

でも、頭の中では完璧なスケジュールなのに、
何故か現実は計画通りにいかない…。

頭の中で「?」が浮かぶのは、時間を正しく把握していないから

 

こういった場合の原因って、意外とシンプルなんです。

・家事にかかる時間を正しく把握していない
・不必要な家事をしている

原因が分かれば対策も立てやすくなります。

「時間を正しく把握」そして「必要な家事をする」
対策もまたシンプルですね。

ここまで読まれてアナタは、
「納得できーん!」と考えたかもしれませんね。

確かに、納得できないのも分かります。
納得していただくために詳しく説明します。

その家事、毎日必要ですか?

 

アナタはこう考えていませんか?

「初めてならともかく何回も同じことしてるから、時間だってちゃんと分かってる!」

でもそれって本当でしょうか。

一度家事の中でそれなりに時間のかかるものを、
時計などで正確に計ってみてください。

もちろん事前に予想してですよ。
アナタの予想と、実際の時間の誤差がそれで分かります。

家事すべての時間を計るのは、はっきりいって面倒ですが、
正確な情報を得るのはスケジュールを立てるのに必須です。

正確な時間が分かればあとは簡単。
朝昼夜(日中いないなら朝夜)にする家事にかかる時間を、
それぞれ合計するだけ。

数値化すれば客観的になるので、
何故時間が足りなくなるのかが理解できます。

さて、予想外に時間がかかることが分かったら、それからどうしますか?

「工夫して家事スピードを上げる!」…ですか?

うーん、それも一つの正解ですが、
いっそ「家事の量を減らす」というのはどうでしょう。

私事ですが、洗剤を使ったトイレ掃除は週1でしかしません。
以前は毎日してたんですが、理由があって出来ないことがあったんです。
その時に週1だったんですが、洗剤で時間をかけてやれば普通にきれいになりました。

「時間をかける」といっても、毎日の合計時間よりはずっと短いので、むしろ効率的です。

もちろん家庭によって環境は異なるので、
必要・不必要の基準も違ってきます。

でも一度「これ、毎日する必要があるだろうか?」と考えてください。

朝は忙しい!?じゃあ前の日にやっちゃいましょう。

真夏の晩、翌日の目玉焼きを作っておく…
さすがにこれはオススメできませんが、
野菜サラダを冷蔵庫に入れておくくらいなら大丈夫。

夜洗濯機を動かせなくても、洗濯槽に衣類を入れておくのは問題ありません。
時間的に大したことはないですが、衣類を入れておくと心理的に楽ですよ。

「洗濯は朝」という固定観念があると時間配分も厳しくなりますが、
一つの家事を分割して違う時間帯に配分すれば、
上手に時間を使うことができます。

まとめ

・家事毎にかかる時間を把握する
・家事の必要性を見直して、削れるものは削る(回数を減らす)
・「朝の家事」「夜の家事」といった固定観念ではなく、
分割して家事を行おう(家事に時間を配分するのではなく、時間(帯)に家事を配分する)

ただし家事の頻度(回数)を減らした場合、決められた日に必ず行うこと。
これをなあなあにしてしまうと、あとで非常に面倒なことになりますよ。
ご注意ください!

-家事

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.