家事

家事は分担して行おう!ポイントは夫には得意な家事をしてもらう事

投稿日:

家事を奥さんに丸投げしている夫は問答無用で許せませんが、
わりとよく手伝ってくれる夫でも「家事手伝うよ~」と言われると、なぜかイラっとくる…

という経験はありませんか?
私の考えですが、自分の家のことなのだから「手伝う」っていうのはちょっと違うぞ、と。
「手伝う」ではなく、「一緒にやろう」の姿勢でいてくれたらうれしいですよね。

我が家のケースを紹介しますので、夫の役割や意識など参考にして頂けたらうれしいです。 

お互い「得意分野」を生かして家事をすることがポイント!

私の夫のいいところは「家事は出来る方が出来ることをやればいい」という考えを持っているところです。
この考え方にはまったく同感で、せっかく結婚したのだからお互い足りない部分を補い合って生活すればいいのではないでしょうか? 

たとえば、料理が得意なので料理はほぼ私の仕事です。
一方、夫は掃除が得意なので、平日の掃除は本当に最低限しかせず、夫の休みの日にがっつり掃除をお願いしています。
その他の家事に関しては、手の空いている方が出来ることを行います。

私は「家族はチーム」だと思っているので、家事はチームワークが大事です。
チームワークが存分に発揮されて、短い時間で家事が片付いた時は、気持ちいいものですよ! 

夫の意識改革をしよう!

基本的には家事を積極的にやってくれる夫ですが、
自分が疲れているときや私が育児に追われて家事がおろそかになっているときは、
家事をしていても「俺がやってあげている」という上から目線な態度が出ることもありました。 

とくに私の産後などはそういう態度がありありと出て、それに私が怒るという悪循環が起きていました。

しかしそのうち、恐らく夫のこの態度も悪気があるわけではないし、
私ももっと上手に夫に甘えたり夫をおだてたりしたほうがうまくいくのではないか?
と思うようになりました。 

そのため、今日は家事がうまくまわりそうにないな…
という日はLINEなどで「今日はちょっと忙しくてうまくいかない」などと先手を打っておきます。 

夫が帰ってきた後に、「子供たちが寝たあとに色々片付けちゃうから、手伝ってくれる?」とお願いすると、夫も納得してくれます。

あとは、夫が何かやってくれたあとに「ありがとう」を意識的にいうようにしました。
「私が何かやってもありがとうって言われないぞ」と思うこともあるのですが、
それもなるべく冗談っぽく相手に伝えるようにしています。 

夫婦は家族の二枚看板だと思うので、お互いがなるべくギスギスしないことも、
家事をうまく分担するコツかもしれませんね。 

まとめ

結婚をするとお互い同じ家で生活をするわけですから、
どちらかに家事の負担がかかり過ぎてしまうと、つぶれてしまいます。

夫をうまく操縦して、お互いに気持ちよく生活できる家事分担が出来るといいですね!

-家事

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.