家事

家事を効率よくこなすカギはスケジュールにあり!

更新日:

「なんで毎日バタバタと忙しいのに部屋が汚いの!」と思っていませんか?

家事を効率よくこなすためにはスケジュールをしっかりと組むことです。
あなたや家族の予定を考えながら1日単位、1週間単位のスケジュールを組むのです。 

スケジュールを組むといっても難しく考えないでください。
ただ毎日しないといけない家事、そうでない家事を分けてあなたの家族にぴったりのスケジュールを考えるのです。 

もちろんスケジュールは絶対というものではなくいつ変更しても大丈夫です。
まずは気楽に考えて試してみてください。 

毎日忙しいと感じるのは、しっかりと把握できていないから

あなたは働いていますか?それともパートタイマー?専業主婦?子供はいますか?

人それぞれ働き方も、家族構成も違いますね。
共通していえることは忙しいと思うのは自分が使える時間をしっかりと把握できていないということです。 

フルタイムで働いていれば1日の中で家事に使える時間は限られています。
では、逆に専業主婦ならば暇になるのでしょうか? 

私はフルタイム、パート、専業主婦とすべて経験しました。
なぜかその時その時で忙しいのです。

フルタイムで働き子供を保育園に迎えに行き寝かしつけまで終える生活をしていた頃は、「専業主婦になったらどんなに楽だろう。」と何回も思っていました。 

専業主婦になったときは、自分の時間と家事の時間の境目があいまいになりダラダラと家事をしてしまいがちになってしまいました。
手のかかる子供がいるとますます家事も思うように進まずイライラの原因になったりもしますね。

子供が寝静まった後に「あー今日も忙しかったのに部屋が汚い。」ともやもやした気分になることも多々ありました。 

毎日しなければいけない家事、そうでない家事をはっきりさせよう

そこで大切になるのが時間の使い方のメリハリです。
スケジュールを組めば、メリハリのある時間の使い方をすることができます。 

毎日しないといけない家事とそうでない家事を書き出してみましょう。

~我が家の場合~
毎日しないといけない家事は、食事作り、食器の後片付け、お洗濯、お風呂、洗面所掃除、床掃除、トイレ掃除。
2,3日に一回でよい家事は、玄関回り、キッチンの細かい掃除(レンジの中など)、お布団干し、買い物。

書き出すとたいしたこともないのですが、これに子供の習い事の送迎や宿題をみたり習い事の練習に付き合ったりすることがプラスされます。

毎日しないといけない家事とそうでない家事をかき出したら、1日単位、1週間単位のスケジュールを組んでみましょう。

スケジュールを組むとき「効率よく家事をする」ということを忘れてはいけません。
もちろんスケジュールを組む際はあなただけでなく、家族の協力も組み込んでもOK 

スケジュールを組む際のポイントは、
その家事が本当に毎日必要なのか考えること、
そして次にイライラしやすい時間帯の原因を考えること、
です。

そして、どういったときに効率よく家事ができるかを考えることも大切です。 

たとえば、
床掃除は朝一番が効果的。夜のうちにほこりが床にたまっているからね。
お風呂掃除はお水を流した直後にやることが多いです。
風呂釜が濡れているうちの方が汚れが落ちますからね。 

他にも買い物はまとめてするか宅配などを利用して回数を減らす。
子供の習い事は兄弟間で一気にすませられないか見直す。
2日間同じ副菜を出すことを気にしない。
などなど。 

ちなみに私の場合、子供の宿題を見る時間と夕食の準備が重なることがイライラの原因でした。
また、雨の日の洗濯は乾かなくてイライラするのできっぱりとやめました。
今は床掃除、洗濯を毎日していますが、夫婦2人の時は床掃除は週に1度、洗濯も夜に2日に1度でした。 

あなたの家庭に当てはまることはありましたか?
それぞれの家庭に合う1日のスケジュールがあると思います。 

まとめ

「あなたの笑顔が家族の笑顔のもと」と割り切ってスケジュールを組みましょう。

時には頑張って家事をする日があってもよいと思いますが、家事は休みなく毎日続きます。
肩の力をぬいて今日することしないことをはっきりさせて自分にゆとりをプレゼントしましょう。 

ちなみに私の場合は、
600に起床、床掃除から始め洗濯機のスイッチオン、身だしなみ整える
630に夫、子供の送り出し準備
800に朝食、洗濯物干し、食器後片付けまでを900までに終了。
900以降は用事で外出することもある為、午前中の家事はここまで。
夕食準備は、昼かおやつタイムの後に少し早めに取りかかります。
そうすると、夕方は子供とゆとりを持って過ごせるようになります。

完璧な妻、母である前に一人の女性であることを大切にした家事の仕方を考えられれば、自分にピッタリな効率的なスケジュールがたてられること間違いなしです。

-家事

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.