子育て

一人で抱え込まないで!里帰り出産して家事を家族で分担しよう!

投稿日:2018年10月10日 更新日:

出産は、女性が命を懸けて新しい命をこの世に生み出す大仕事。

産声を聞くまでは不安なことや心配なことがたくさんあります。

 

ことさら初めての出産となると不安や心配も倍増しますね。

産後の生活はどうなるの?
家事と育児と両立できる?
家族は手助けしてくれる?

などなど…

 

私も初めての出産のときには不安ばかりでした。

それまで住んでいた町を離れて県外にいたので、
知り合いもまだ少ないし、やっていけるのだろうか?と。

 

そこで私は家族に相談して、住み慣れた環境で、
出来るだけストレスの無いように初めての育児が出来たら
と考えて里帰り出産をすることにしました。

里帰り出産のメリットとデメリットとは!?遠方の実家に里帰りした先輩ママの実体験とは!?

私の場合ですが、出産予定日のだいたいひと月前に
実家に里帰りをしました。

紹介状を書いてもらい、
実家のある町の病院に紹介状を持って行き受診。

 

そして実家での生活。

当然上げ膳据え膳になるわけはなく…(笑)

動けるうちは洗濯掃除などの家事を
一生懸命こなしました(笑)

里帰りしてからのほうが
たくさん動いて(動かされて?)いましたよ(汗)

 

予定日間近になり、陣痛が規則正しくなり始めていざ出産。

実家の母が付き添ってくれて、
とても心強かったのを覚えています。

 

無事出産を終えて退院し、実家での育児が始まると、
昼夜関係なく赤ちゃんのお世話が始まり、
それまでの生活が一変しました。

赤ちゃんにかかりっきりになり、
実家の家事は一切できなくなります

なので、出産前に積極的に家事をしておくと、
心置きなく赤ちゃんのお世話に集中できますよ。

 

里帰り出産のメリットと言えば、やはり実の母家族の存在です。

慣れない手つきでお世話をしている私に、
母は嬉しそうに手伝いをしてくれてとても助かりました。

また、クタクタで休みたいときには
少しの時間母に赤ちゃんの面倒を見てもらえたので
里帰り出産のありがたみがよくわかりました。

嫁ぎ先の義母には言いにくいようなことも、
実の母には言えたり、して欲しいことを率直に伝えることができます。

 

ですが、やはり良いことばかりではありません。

デメリットを挙げるとすれば、
実の親だからこその遠慮のない言葉や態度で
些細なことでもイラっとしたり
母のころの育児と違うと口論になることもしばしば…。

 

出産をするまではストレスでお腹の張りが強くなったりして、
「胎教に良くない!」と思ったことも。

 

そんな時に間に入ってくれたり、
話を聞いたりしてくれた実姉にはとても感謝しました。

実姉は私より先に妊娠・出産を経験していて、
里帰り出産もしたので私の気持ちがよくわかってくれていたようです。

里帰り出産では思いがけないところでストレスが!?私が感じたのはこれだ!

とは言うものの、ストレスになることもありました。

赤ちゃんが寝て、自分も少し休みたいなぁと思っている矢先に
親戚や知人がお祝いに来てくれたりして
休みたいときになかなか休めないことがありました。

 

慣れない育児でなかなか赤ちゃんが泣き止まなかったりすると
こちらもどうしていいかわからず泣きたい気持ちになったりもしました。

最後に

里帰り出産を経験したことでわかったことは、

  • 甘えるところは甘える

先の長い育児。

初めから気を張って頑張りすぎると
産後うつにもなりかねません。

周りには育児の先輩がいてくれるので
甘えるところは甘えて自分の体も大切にしましょう

 

  • 遠慮がない分気遣いも大切

実の親子なので言葉や態度がきつかったりすることもしばしば。

些細なことで気分が落ち込みやすい時期でもあるので、
実家とはいえ家族のことも尊重して上手に過ごせるといいですね。

 

  • 感謝の気持ちを表現すること

初めてづくしのことなので、
いろんな場面で手伝ってもらったり
助言をしてもらったりすることがたくさんあると思います。

そんな時には親しき中にも礼儀あり。

してくれて当然と思わずに感謝の気持ちを伝えましょう

 

  • 出来ることは自分でする

里帰り出産が終われば家事と育児とを
こなしていかなければなりません。

家事のすべてを家族に任せるのではなく、
出来ることは少しずつでもやっていきましょう

 

そして何より

無事に産まれてきてくれた新しい命を家族全員で愛情を持って接する

ということです。

元気に育ってほしいと家族全員が願っています。

赤ちゃんもママも家族も、ストレスなく生活できるといいですね!

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.