生活

流行りのハーバリウム!作り方は意外と簡単?!子供と一緒にぜひ!

投稿日:2019年1月8日 更新日:

ハーバリウムとは本来「植物標本」
という意味なのですが、

最近では瓶やボトルに植物を入れて透明な液体で満たした
インテリアとして人気です。

植物といってもドライフラワーやブリザードフラワー
などで作ると水やりや水替えなどのお手入れも必要なく、
一年くらいはそのままで楽しむことができるのでいいですね。

道具が揃えば比較的簡単にできるので手作りする人も多く、
専門店に行かなくても手芸屋さんや雑貨屋さん、
百円ショップなどで材料をそろえることもできます。

また簡単に作ることができるので、
お子さんの夏休みの自由研究や工作などにも人気があり、
親子で楽しんで作ることができますよ。

あの液は何?意外な物で出来ちゃう!ハーバリウムの保存液の作り方!

ハーバリウムの中に満たされている透明な液体。
少しとろみがあって水というわけではなさそうです。

あの液体はハーバリウム専用の液体オイルになっています。

専用のオイルを使うと、中に入れる植物の色持ちが
良くなったりするのですが、絶対に専用のオイル
じゃないとダメというわけではありません。

代用品としてミネラル分が比較的多く
含まれているベビーオイルを使ったり、
洗濯のりを使って作ることも可能です。

ですが、やはり専用のオイルを使って作るよりも
中に入れる植物が色落ちしやすくなるようです。

季節ごとに中に入れる植物を変えて楽しみたい人や、
子供と一緒にいくつも作りたいという場合は専用の
オイルではなく、代用品で作るのも一つではないでしょうか。

子供と一緒でも楽しめちゃう!ハーバリウムの作り方のコツとは?

ハーバリウムを作るときに用意するものは、
ボトルと中に入れる植物、長めのピンセット
専用オイルなどです。

ハーバリウムは造花やドライフラワー、
ブリザードフラワーなどで作るのが一般的ですが、
短期間楽しむことを目的とするならば、
生花でも作ることはできます。

作る容器は蓋がついていて密封できるもの
ならガラスでもプラスチックでも作れます。

まず、容器をしっかり洗浄して消毒し、
その後よく乾燥させます。

この工程をしっかりしておかないと、
ハーバリウムを作った後に雑菌などが
繁殖してカビが生えたりすることも
あるのでしっかりおこなってください

オススメは容器を煮沸消毒することです。

そして乾燥させるときにはドライヤーを
使って隅々まで乾燥させましょう。

縦長の容器に作る場合は、中に入れる植物も長めの
ものを使うとバランスよく作ることが出来ますよ。

丸い容器や背の低い容器などは
花の部分だけ入れても見栄えがいいです。
出来れば360度どこから見てもきれい
に見えるように調節したいですね。

ある程度バランスを見て配置が完成したら静かに
オイルを流していくのですが、この時にピンセット
で軽く中の植物を抑えながら流し込んでいく
配置が崩れずにきれいに入れることができます。

少しの時間ふたを閉めずに開けておきます。
こうすることによって中の空気が抜け、
後から膨張して液体が漏れてきたりするのを防ぎます。

まとめ

たとえば、お子さんが摘んできてくれた
きれいなお花など、四季折々の植物
お子さんと一緒にハーバリウムを作る
ことで思い出作りにもなりますね。

ボトルの底に砂や貝殻、ハロウィーンの時期には
小さなカボチャの小物などを置いてから作れば
季節ごとに楽しむこともできます。

お部屋のインテリアやお手洗いのインテリアにも
どこでもきれいに長く飾っておくことができます。

また電気をあてると輝くのでとても素敵ですよ!

ハーバリウムのいいところは長持ちするところ以外にも、
自分好みの素材を使って作れることではないでしょうか。

-生活

Copyright© Komari's Note , 2019 All Rights Reserved.