職場

気難しい上司とうまくやるポイントは無理に会話せず人となりを見極めること!

投稿日:2018年7月30日 更新日:

職場にはいろいろな性格の人がいますよね。

いるとちょっと厄介なのが、気難しい性格の人。
同僚であれば適当にあしらったりすればよいですが、

上司となるとそうもいきません。
気難しい上司と職場でうまくやるにはどうしたらいいのでしょうか?
対策を考えていきましょう。

気難しい上司とは無理にコミュニケーション取らなくてOK!

気難しい上司が相手だと、つい顔色をうかがって
過剰にコミュニケーションを取ろうとしてしまいがちです。

しかし気難しい人というのは、どこに「地雷」があるかわかりません。
しかも、その地雷が何ともないときと大爆発してしまうときがあることも…

そのため、過度にコミュニケーションを取ることは危険です。

気難しい性格の人は、余計な話をしたくないと
考えている人が多いです。
ですので、仕事上の最低限の会話くらいにしておきましょう。

地雷を踏む機会を極力減らすように心がけましょう。
ただ、あまりにも会話がないと拗ねてしまう人もいます(厄介…)。

仕事以外の話をすると気に障ってしまう可能性があるので、
仕事中に「頼りにしています!」という雰囲気を全面に出すようにすると、
気分をよくしてもらえますよ(笑)

余裕があれば上司の人となりをゲーム感覚で見極めよう!

これはメンタルが比較的強い人や
楽観的な人におすすめの方法なのですが、
ある種の「ゲーム」のような感覚で、
相手の事を見極めるという方法があります。

コミュニケーションの中で、
急に怒ったり気分を損ねることがあっても、
それいちいち間に受けないで
「ここが怒りポイントだったか」くらいに思って、
上司のことを分析していきましょう。

相手の怒りポイントを探す、またはいかに地雷を踏まずに
会話をするかというルールのゲームだと思えば、
逆に楽しくなってきますよ。

あまりにも気難しい人が相手だと、
いちいち間に受けていてはこちらの身が持ちません。

いかに自分がダメージを受けないかということと、
職場でのコミュニケーションを円滑に進めることを考えると、
楽しみながら上司の人となりを見極めていくことができます。

経験値が上がると、気難しい上司が相手でも
スムーズにコミュニケーションが取れるようになったりして…!?

私も過去職場に気難しい上司がいて、
「上司から笑顔を引き出したら勝ち」というルールを自分に設けて
あえてコミュニケーションを取りにいったりもしていました。

ゲームだと思うようにしてからは、気難しい上司に対しても
あまりストレスが溜まらなくなりましたよ。

まとめ

気難しい上司がいると、
それだけでストレスが溜まって気が重くなりますよね。

そんな気持ちを軽くするために、
「過度にコミュニケーションを取らない」
「ゲーム感覚で人となりを分析する」
どちらか自分に合った方法を試してみてくださいね。

-職場

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.