子育て

赤ちゃんを抱っこするのが原因で腰痛が起きる?腰痛にならないコツは?

更新日:

赤ちゃんのお世話って、気付かぬうちに
今まで使わなかった筋肉を使うんですよね。

慣れない姿勢が続き、体がまだ元通りになっていない産後の体は
腰を痛めてしまいやすくなっているんです

いくら赤ちゃんの体重が軽くても
毎日長時間抱っこしていると
腰痛の原因になってきます。

抱っこで腰痛が起きる理由

赤ちゃんを抱っこしていると
先ほど説明したように、長時間抱っこすることで
腰に負担がかかり腰痛になりやすくなります

また、妊娠中は体が重いのであまり動かなくなり
出産後筋肉量が少なくなっているママがほとんどです。

さらに骨盤もゆがんでいるため、
赤ちゃんの体重や抱っこ、授乳の体制に耐え切れず
腰痛になってしまいます。

腰痛にならないようにするコツ

赤ちゃんを抱っこしないということはできないので
ちょっとでも腰痛を改善できるように
腰痛にならないような抱っこの仕方や腰痛改善方法を
紹介していきます。

まず、赤ちゃんを抱っこするときですが
腰痛にならないポイントとして

  • 「猫背にならない」
  • 「中腰にならない」

以上のことを意識しましょう。

この二つはどうしても腰に負担がかかってしまう姿勢です。

赤ちゃんを抱っこしたとき、重くて猫背になりがちですが
それが腰痛の原因にもなるので意識しておきましょう。

あとは、開いてしまった骨盤をもとに戻してあげるために
骨盤ベルトを使用するのもオススメです。

骨盤を元の場所に戻してあげることで
腰痛になりにくくなるほか、太りにくくなりますよ。

出産後は骨盤ベルトを付けたほうがいいです。

それでも腰痛になってしまい
なかなか動けない場合はプロに頼ってみましょう。

接骨院や整体などへ行くと
腰痛改善のための治療を行ってくれます。

私は接骨院へ通い、腰痛を改善しました。
とはいっても、やはり毎日の姿勢や骨盤など
根本を改善しなければ完全には治りません。

どうしても痛くて動けない場合は医療機関を頼り、
毎日腰痛にならないように姿勢をよくして生活しましょう。

まとめ

・腰痛は赤ちゃんを抱っこするときの姿勢や体重が原因
・腰痛改善のためには姿勢を正すことが大切
・出産後は骨盤ベルトをしておくことで腰痛になりにくくなる
・どうしても痛くて動けない場合は医療機関を頼ろう

今回は赤ちゃんを抱っこしたとき、
腰痛になってしまう原因について紹介しました。

赤ちゃんのお世話をしているときに腰痛になってしまうと
抱っこしたりミルクをあげたりといったお世話全般に
影響がおよびます。

出産後は誰でも腰痛になってしまう可能性があるので
ムリな姿勢をとらないように赤ちゃんのお世話をしましょう。

ときにはパパや周りの方に頼ってみたり
定期的に医療機関へ通うこともオススメですよ。

赤ちゃんのためにも元気なママでいられるようにしましょう!

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.