家事

共働きで家事の時間が取れない…ポイントは帰宅後のスムーズさ!?

更新日:

働いていると、家事にさく時間が
なかなか取りづらいですよね。

朝普通に家を出て、
夜帰ってきて…という生活だと
帰ってきてからバタバタと家事を片づけて、
気が付いたら一日が終わっている
という方も少なくないのではないでしょうか?

ここに子供がいるとさらに大変です。

我が家も小さな子供を抱える
共働き家庭なので、よくわかります。

共働きの場合、
家事にどのように時間を使ったらいいのでしょうか?

ポイントは「帰宅後どれだけスムーズに進められるか」

私の場合ですが、
夫に比べると朝多少時間に余裕があります。

その分家に帰ってきてからが
とにかくバタバタ!

子供からの「お腹空いた」攻撃を受けながら
夕食の支度をして、子供たちの相手をしながら、
お風呂や就寝の準備。

子供たちを寝かしつけた後は、
洗い物や部屋の片づけ…。

帰ってきてからなるべく
焦ってバタバタしないように、
「帰宅後どれだけスムーズに家事を進められるか」
念頭において日々を過ごしています。

具体的な対策をいくつかご紹介しますね。

朝のうちにできることは朝済ませておく

先ほどもお話しましたが、
朝は比較的時間に余裕があることが多いです。

そのため、朝できることは
朝のうちに済ませてしまうようにしています。

例えば基本的に我が家は
洗濯は朝のうちに終わらせます。

こうすると夕方帰ってきてから
やることが一つ減るんです!

何か一つ、小さなことでも構わないので
朝のうちに済ませられることがあると、
帰宅後少し楽になりますよ。

夕食の準備は前の日のうちに仕込んでおく

帰宅後、自分はもちろんですが
子供たちもお腹を空かせています。

大人ほど我慢もできないので、
「お腹空いたー!」と激しく主張してくるもの。

子供がいなくても、
食事の準備に手間取ると
大きなタイムロスです。

そこで、前の日のうちに
できることはやっておくといいですね。

サラダなんかは前の日のうちに作って
冷蔵庫に入れておいても問題ないですし、
煮物類はむしろ前の日のうちに作っておいた方が
味が染みておいしく食べられますよ。

メインのおかずも、
食材を切っておいて
あとは炒めるだけという状態にしておくと
帰宅後、夕食の支度にかける時間が
グッと減らせるのでオススメです。

夫と協力することが一番重要!

共働き夫婦において、
家事の協力は不可欠です。

自分だけの家というわけではありませんから、
夫にもできることはやってもらいましょう。

我が家では
洗い物やお風呂掃除は基本的に夫の担当です。

夫が仕事や飲み会で遅くなるときは、
次の日楽なように、その日の夜のうちに
お風呂掃除を済ませてもらうなどの対策もしています

すき間時間を有効活用しよう!

お話したのはあくまでも我が家の場合です。

「うちの生活リズムだとこれは無理!」
というご家庭もあるでしょう。

そこでおすすめなのが、
「すき間時間でできることをできるうちにやる」です。

どんなにバタバタしていても、
ちょっと空いた時間ってありますよね。

その時にできることをやるだけで、
ちょっと家事が片付きますよ。

私も「今日は家事がうまく進まなかったな…」
という日がありますが、そんなときは、
歯磨きをしながら部屋を片付けたり、
夜寝る前に朝の準備をしておいたりします。

たったこれだけのことでも、
翌朝の家事がとってもスムーズですよ!

ちょっとした時間でいろいろできるように、
物をしまう場所をちゃんと決めておくなどしておくと
よりスムーズになります。

まとめ

家事は家を成り立たせるうえで、
どうしてもしなくてはならないことです。

とはいえ、多少できない日があったり
手抜きをしても何の問題もありません。

適度に力を抜きつつ、夫とも協力して
無理なく家事をやっていきましょうね。

-家事

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.