家事

共働きなのに夫が家事をやってくれない!?分担表を作れば解決するかも

更新日:

家事が存在しない家庭なんてありません。
家事は生活というより、生きていく上で必要不可欠なものです。

これ、別に大げさに言っているわけではないですよ?

どんな形であれ食事は必要だし、掃除しなければ汚れてゴミがたまる一方。
限度を超えれば近所迷惑になり、最悪ゴミが強制撤去されます。
洗濯しなければ衣服は汚れ、そのうちに異臭を放ち、出先で嫌な顔をされるでしょう(自分の臭いは驚くほど自覚できません)。

今あげた例はほんの一部です。

山奥や離島で一人で暮らすならともかく、社会で生活を営むなら、収入を得るのと同等レベルで家事は大切なことなのです。
こんなにも大切な家事ですが、世の男性の中には、そのことを理解できていない人もいます。

奥さんが専業主婦ならば、まだわかります。
収入と家事で、役割分担が確立されているからです。

でも共働きの場合は…?

共働きの家庭では家事の分担表を作ろう!

日本は、歴史的に女性が家事を任されてきたため、共働きが増えた現在でも、女性が担う比率が高くなっています。
多くの女性はこのことに不満を持っていますが、はっきりといい出せないのが現状ではないでしょうか。

短期間ならともかく、これからの長い生活をそれで支えていけますか?
今はなんとか生活が回っても、子供が生まれたり状況が変化したりで、うまくいかなくなる可能性は高いです。

そんなこといわれたって、具体的にどうすればいいの?

ここでお勧めしたいのが、「分担表」です。

家事を項目化して、現状はどうなっているのか?それを認識してもらいましょう。
男性も一人暮しを経験しているなら、「家事」がどういったものかをイメージしやすいです。
そういった相手なら、今の家事分担を書き込んでから、見せてしまっていいでしょう。
「あなたの家事分担はこれだけですよ?」と情報提供するわけです。

問題は実家暮らしなどで、家事をしてこなかった男性です。
そういった男性は家事に対し曖昧というか、漠然としたイメージしか持っていません。
だから家事を項目化した分担表で、家事がどのくらい多いのかを認識してもらいます。

分担表に合わせてあなたの時間経過を追った、日記や記録なんかを見せてあげると、更に具体的にイメージしやすくなりますよ。
まず「家事がどれくらいあるのか?」を理解してもらいます。
その上で助力をお願いする形で簡単な家事からしてもらいましょう。

家事の採点は加点式で。助け合いの心が大切です!

慣れないうちは、家事の質が低いはずです。
だからといってダメ出しは駄目ですよ?その文句が正当なものであってもです。
慣れないで四苦八苦しているところに文句をいわれたら、やる気がなくなります。

家事をしている途中に口出しはしない方がいいですよ。
問題があっても、あとからやんわり伝えましょう。

この時に大切なのが、先に感謝をいうことです。
どうしてもその場で伝えたいなら、「手伝うね」と手助けする形をとってください。
そこで「ありがとう。ここはこうして欲しいんだけど、どうかな?」と、うかがう様にするとやる気をそぎにくいです。

まとめ

家事分担の最初の一歩は現状認識、もっと言えば「家事って、何?」というところです。

そのためのツールとして分担表はとても有効!
どんな作業があるのか?あなたがどれだけ負担しているのか。
それが一目で理解できます。

夫婦は違う家庭環境で育ってきました。環境が違えばルールだって違って当然です。
お互いのルールを認識し、譲歩して、擦り合わせていきましょう。

どうすれば夫婦で快適に生活できるのか、新たなルールを作ってみてください。

-家事

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.