ダイエット

女性こそダイエットに筋トレをしよう!ダイエットの目的は見た目でしょ?

投稿日:2018年7月2日 更新日:

ダイエットとなると、
とにかく体重に意識が行きがちですよね。

でもこれって、ちょっと考えると
変だという事がわかります。

アナタがダイエットをする理由って、
極論とすればそれは
「見た目」のためですよね?

体重減少と脂肪減少は比例しやすいので
目標にしやすいですが、それが見た目につながるとは限りません。

なので、チェックするなら体重計ではなく鏡です。
全身を映すような姿見が無ければ自撮りでも十分ですよ。

食事制限だけでダイエットをしていると、
脂肪だけでなく筋肉も落ちますよね。

仮にそれで痩せるのに成功しても、
見た目は「失敗…」の可能性大です。

それで「ダイエットうまくいった♪」と喜べますか?

それを防ぐには、筋トレがとても効果的です。

筋トレといっても、筋肉ムキムキになんてなりません。

筋肉ムキムキになるにはハードなトレーニングと、
厳しい栄養管理が必要なので、ダイエットの一環に筋トレを
取り入れた程度では心配無用です。

女性向きの筋トレは、検索すればたくさんでてきます。

もちろんその中から、自分に合うものを選んでも
全っ然OKですが、ここはあえて筋トレの基本である
以下の三つがオススメです。

腕立て伏せ、腹筋、スクワットでグッドプロポーションを!

腕立て伏せ

やって見ましたが、
10回でもかなりキツいですね。

アナタもとりあえずは、
10回を目標にしてください。

といってもあくまで目標、
出来る回数で全然構いません。

はっきり言ってしまいますが、
1回だっていいんです。

気をつけるのは体のライン。

回数が増えると、
伏せる際に腰や腹から沈みがちですが、
それでは効果減なので注意しましょう。

腕や胸筋などが鍛えられます。

腹筋

腕立て伏せと同様に
ポピュラーな筋トレですね。

私は、腕立て伏せ以上に
キツかったです。

お腹回りは、とにかく脂肪がつきやすいので、
筋肉があれば多少なりとも脂肪がつきにくくなる
かもしれません。

イメージの腹筋にこだわらず、
頭と背中が少しでも浮いたら1回としましょう。

スクワット

最近では筋トレと言えば、
これを連想する人が
多くなったのではないでしょうか?

腕立て伏せや腹筋と違い、
立った状態でできるので省スペースです。

主に下半身を鍛えますが、
意外と背中にも効果があります。

腕立て伏せや腹筋より負担が少ないため、
やりやすいのもいいですね。

姿勢が崩れて転んだりしないよう、
気をつけてください。

筋トレは痩せない!?そんなことはありません!

よく言われることですが…
「筋トレは無酸素運動なので脂肪は減らない」
というヤツ。

これ自体は確かに事実ですが、
どのような運動であれ、
最初に消費されるのは糖分です。

そうしないと、脂肪消費の段階に入れません。

効率的に糖分を使う筋トレは、
脂肪消費に有効な運動であることを
頭に入れておきましょう。

まとめ

  • ダイエットの本来の目的は
    減量ではなく、見た目を良くすること
  • 筋肉はその見た目に貢献する
  • ハードなトレーニング、厳しい栄養管理をしなければ
    ムキムキ筋肉にはならないので、心配無用
  • 筋トレには、腕立て伏せ 腹筋 スクワットがオススメ
  • 筋トレは痩せないと言われるが、
    そんなことはない

有酸素運動と比較して、筋トレは確かにキツいです。

しかし続ければ、いずれ効果はでてきます。

がんばって続けてみてください!
ですが、筋肉痛の時は同じ筋トレは休んでくださいね。

-ダイエット

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.