ダイエット

ダイエット中の糖質制限を成功させるたったひとつのポイントとは!?

投稿日:2018年7月29日 更新日:

今流行りの糖質制限ダイエット。
上手くいかずに、挫折した人も多いのではないでしょうか?

ダイエットといえばカロリー制限で、それはそれで正しい方法です。
でも…

糖質制限とカロリー制限中途半端になっていない!?

糖質制限とカロリー制限この二つを同時進行でやったら、
どっちつかずの中途半端になりかねません。

糖質制限ダイエットをするなら、
カロリーはあまり気にしないようにしましょう。

それから重要なのは、
糖質制限を厳密にやろうとしないことです!

糖質制限は厳しくすればするほど、
選べる食材が減ってしまいます。

完全オフにしようものなら、
食べれる食事メニューが驚くほど単調になり、
三食同じもの…そうなりかねません。

これでは栄養的によくないですし、
食事が楽しみどころか苦痛になってしまいます。

ではどうするか?

糖質の摂取をなくすのではなく、
「減らす」もしくは「代替品」を使ってみませんか?

糖質制限は減らすor代えることがポイント!

糖質制限のポイントはなくすことではなく、減らすor代えることです。
先ほども言いましたが厳密にやろうとすれば失敗します。

糖質食品の代表的存在であるご飯。

恐らく真っ先に手をつけるのは、
このご飯からではないでしょうか。

ご飯を完全断ちできるなら、
それはそれでいいのですが、
難易度は非常に高いです。

まずは手っ取り早く、減らす方向でやってみましょう

ご飯の量をできる範囲で減らし、
主菜(肉や魚、野菜など)をそれなりの量を用意してください

普通であれば主菜ご飯と一緒に食しますが、
一緒に食べるご飯の量を減らしてください。

そして最後に残ったご飯を食べましょう。

ご飯をできるだけあとに回せば、
それまでにお腹はある程度満たされてます、
単純にご飯の量を減らせます。

おかずと一緒に食べてしまうと食が進み、
もしかすると「おかわり」になるかもしれませんからね。

どうしてもご飯の量が減らせない(減らしたくない)。
そんなアナタには、発芽玄米や雑穀米をオススメします。

この2つ、白米より糖質が大幅に少ない訳ではありませんが、
食物繊維は白米より多く、特に発芽玄米は6倍近い食物繊維を誇ります。

そして特筆すべきは「GI値」。

GI値は血糖値が上昇するスピードを表していて、
値が高いほどスピードが速くなります

白米のGI値は84。発芽玄米は51、雑穀米55です。

数値でみると差は歴然、
血糖値の上昇スピードを抑えるのは糖質制限の目的の一つ。

アナタが「糖質制限したいけど、ご飯は食べたい…」
というのであれば、ぜひ選択肢に入れてくださいね。

パンも糖質をたくさん含んでいますが、
現在は低糖質のパンも商品化されており、十分に代替品になりえます。

そして野菜は基本OKです。
しかし、根菜や甘味がある野菜は
糖質が多い可能性があるので、注意が必要です。

肉や魚が食事の中心になりますが、
加工品食品の場合は、一応成分表を見ておきましょう!

ただし、食べすぎには注意!!

糖質制限はカロリー制限はしません。
しませんが、無制限に食べていい訳では当然ありません。

いくら糖質制限しても、暴食すれば、
それは血となり肉となります。
糖質制限は万能でも、魔法でもありません。

ダイエットである以上節度は必要です。

まとめ

糖質制限は血糖値の上昇を緩やかにして、
脂肪として蓄えられる量を減らすのが目的です。

いくら低糖質でも、量を摂れば当然血糖値は上がりますし、
基本カロリー制限はしませんが、これにだって限度があります。

またあまり細かく糖質を気にすると、
それがストレスとなり体調に影響を及ぼすでしょう。

無理をせず、健康的にダイエットしてくださいね!

-ダイエット

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.