ダイエット

ダイエット『運動』では痩せません!それでも運動は不可欠です!

更新日:

痩せる目標を立て、運動を決意!
その決意はとても立派なものですし、ぜひとも続けていただきたいです。

でもここで一つ、アナタにとって衝撃的事実を告げねばなりません…。

それは、
運動で痩せることはできないという事です。

運動で痩せることができないってどういう事!?

正確に言えば、アナタが考えているペースでは痩せません。

わかりやすく、フルマラソンで例えてみましょう。

一般人である私たちがフルマラソンの距離(42.195km)を
一度に走るなんて、通常あり得ません(希に居ますが)。

これだけの運動量なら、
あっという間に体重が落ちるのでは?

そう考えますよね。

マラソンランナーの体型を見ても、
それは間違いないように感じます。

しかし現実は、脂肪減少量は、
1kgどころか500gにも届きません。

※短時間の体重減少と脂肪減少は違います

マラソンランナーの体型は、
日常の食事管理や厳しいトレーニングのたまものです。

本番のレースで消費するカロリーは、
過酷な内容とは裏腹に、大した量ではないと言えます。

しかしあえて言います、
運動をまずは一ヵ月続けてください。

痩せる効果はそれほど期待できませんが、
それでも一ヵ月がんばりましょう。

何事も土台が大切です。

「昨日は食べすぎてしまった…
ウォーキングでもして食べすぎた分をナシにしよう」

そうお考えの方、
残念ながらムリです。

ウォーキングって、
頑張って歩いても10kmくらいですよね?

さっきあげたように、
フルマラソンでも脂肪は500gも減りません。

ウォーキングの脂肪燃焼量なんて微々たるものですからね

ではなぜ運動を勧めるのか?

それは、”健康な体”になるためです。

「はあ?」という声が聞こえてきそうですが、
聞いてください。

運動することにより、
体には様々な影響がでてきます。

まずは筋肉です。

ダイエットする人にとって、
筋肉は強い味方になってくれます。

「筋肉は代謝量が大きい」
これは間違いない事実です。

そして、筋肉を増やすには運動は必要不可欠!

筋肉を効率的に増やすには、
筋トレなどの運動がよいとされています。

しかし、ウォーキングなどの有酸素運動でも、
筋肉は育つんです。

もちろん筋トレほど効果的ではないですし、
筋肉ムキムキになることはありませんが、
今まで運動してこなかった人にはとくに効果があるはずです。

また運動はリンパ液の流れをよくします

リンパ液は血液のようにポンプにあたるものがなく、
流れは非常に緩やかです。

その流れを運動によってサポートすることができます。

リンパ液は老廃物の排出を助けたり、
体の免疫に関わったりと、その役割は重要です。

運動が健康に貢献するのは分かったけどダイエットには?

そう言いたい気持ちもわかります。
でもちょっと待ってください。

健康という事は、内臓も正常に機能してるということ。
そしてこの内臓…実は代謝量が筋肉以上なんです!

筋肉と違い、内臓は意識的に鍛えることはできません。
しかも一度悪くすると治療も大変です。

運動によって間接的にではありますが、
「内臓を健康に保つ=高い基礎代謝を維持する能力」を得られます

ただ、運動による体への影響を多少でも実感するのは、
数週間ではやはりムリです。

できれば数ヵ月、そこまで待てないというなら、
せめて一ヵ月だけ続けてください。

土台(健康)を作るには、
一朝一夕ではダメなのです。

食事の改善は必須!そこに運動が役立つかも?

運動だけでは痩せないということは、
どうしても食事内容の改善的変更は避けられません。

実はここで運動が役に立ちます。

「運動後はお腹が空く」そう思いがちですが、
実は食欲が抑制される効果があるようです。

すべての人に当てはまるとは限りませんが、
少なくとも私は朝食の量が減りました。

以前は、
「菓子パン+トースト+目玉焼(もしくはウインナー)」と、
かなり食べていましたが、朝食前にウォーキングを始めたところ、
菓子パンはそっくりなくなりました。

現在は、トースト一枚とヨーグルトドリンクが多いですね。

ただ、この食欲抑制効果は数時間後にはなくなるので、
食事を抜いてしまうと、あとの食事を食べすぎになりかねません。

注意してください。

なお、食前の運動は体がガス欠状態です。
運動時の体調には気をつけましょう。

まとめ

  • 運動による脂肪燃焼量はイメージより少ない
  • フルマラソンでも脂肪燃焼量は500gに満たない
  • しかし運動により体にさまざまなよい効果が期待できる
  • 筋肉や内臓など、運動によって機能アップが図れる
  • 食事の改善は必須
  • 運動には食欲抑制効果がある(個人差あり)
    だからといって食事抜きはNG
  • 食前(特に朝食)の運動は体調に注意しよう

-ダイエット

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.