ダイエット

ダイエットの極意は食事制限にあり!でも、運動もとっても大切!

投稿日:2018年6月23日 更新日:

ダイエットにおいての二大手法といえば、
「食事制限」「運動」ですよね。

どちらも決して簡単ではなく、
続けるのは苦労がともないます。

そう、問題はどう続けるか…
それが非常に重要です。

理想を言えば、適度な食事制限と運動が
望ましいのですが、はっきりいって
両立させるのは、とっても難しいですよね。

だからまず、食事制限を優先させてください

理由はシンプルで、
「運動では決して痩せない」からです。

この言い方は科学的には間違っていますが、
アナタの感覚的には完全に正しい、そう言い切れます。

運動では決して痩せない理由とは!?

「ハァハァ…たくさん運動したぞ!何kg痩せたかな?」

たくさん運動して、汗もかいて、
体重計に乗ると数キロ減っていて
喜んだ経験のある方は多いと思います。

やっぱり運動の効果はスゴいと思ったアナタ、
その体重減少は見かけだけ、一時的なものです。

減少した原因のほとんどは水分で、
脂肪はあまり減っていません

運動量で言えば1、2を争うフルマラソンでさえ、
脂肪燃焼量は数百グラム、アナタが日常的に行う運動や、
休日にがんばって体を動かしても、脂肪の減少量はごくわずかなんです。

だからと言って、
運動がムダなわけではありません。

ただ、運動による減量を求めてはダメです。

体重を減らすには、
総摂取カロリーを抑えること以外に
方法はありません。

健康面・栄養面を無視していいなら、
正確なカロリー計算前提で
食事をジャンクフードだけにしても、
痩せることが可能です。

痩せたいなら、外食と間食を減らしましょう!

でも、アナタが知りたいのは具体的な方法ですよね?

当たり前のことが比較的簡単で、続けやすいと言えます。

では、具体的に何をすればいいのか?

糖質を減らす?
お肉や揚げものを減らす?
野菜を多くとる?
イエイエ、そんなことは後回しにして、
まずは外食と間食を減らしてください

そしてそれをメモでもなんでもいいので記録しましょう

外食と間食がそのままでは、
食事内容を考えても意味がありません。

また、記録を取るのは、
記憶は当てにならないからです。

人間は簡単に忘れますし、
容易に記憶を改竄(かいざん)します。

後でチェックできるように、
客観的な記録は必要不可欠です。

それでも運動は必要なのです!

すでに述べたように、
体重を減らすのに運動は役に立ちません。

しかし健康的なダイエットに、
運動はとても効果があります

痩せることと、
アナタが思い描くダイエット後の
自分の姿は必ずしも直結しません。

痩せるだけでは
キレイにも、カッコよくもならない
と言うのは経験済みです。

美しいプロポーションや、
美しい姿勢の維持には筋肉が必要ですよね。

そして筋肉は、運動でしか得ることができません

当然、タンパク質やアミノ酸などの
筋肉を作る原料も必要ですし、
運動するにはエネルギーもいります。

毎日運動しなくてもOKです。

休日に近くの公園を一周するだけだって、
何もしないよりは、はるかに価値がありますよ

まとめ

  • 運動での脂肪燃焼効果はわずか
  • まずは食事制限から入る
  • 外食と間食をとにかく減らし記録する
    (記憶は当てにしない)
  • 減量効果はなくとも、
    正しいダイエットに運動は必要不可欠
  • 運動は続けられるものが大前提
    (軽い運動大歓迎!)

ダイエットは目標を高くすると、
大抵失敗します。

「これくらい大丈夫」というものより
1ランク下げて、最低一ヶ月やってみましょう。

慣れてきたら
レベルアップすればいいんです。

ゆる~くがんばって、
長~く続けましょう。

-ダイエット

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.