ダイエット

ダイエットは日常生活の姿勢から!?自分の身体と向き合おう!

更新日:

突然ですが、スポーツは好きですか?
え?ハードルが高い?

そうですね、それなら運動は好きですか?
汗をかくのがいや?
あらら…それは困りました。

あとは食事制限になるのですが、どうでしょう?
でも、ご飯は慣れたものがよいですよね。
いざダイエットだ!といきなり薄味にしたり、量をいきなり減らすのは大変です。

しかし、このままの生活を続けていると太ったままです。
それでは困りますね。

ならどうすればいいか?
実は、背筋をきれいに保って脚を伸ばす。
たったこれだけで、ダイエットの代わりになるのです!

おおざっぱすぎてわかりにくいですか?
それでは、少しやり方を説明します!

まずは、自分の自身の身体を知ろう!

普段、あなたは自分の身体はどこまで動くか気にしていますか?
指や足、腕、首。

人間の身体には可動域というものがあります。
腕はこの辺まで伸びて、あの辺まで挙げられるというものです。

人の身体は、想像したほど動いていません。
動かないのは脂肪がついたり、筋肉が固まっていたり…理由はさまざまです。
体が固まりすぎて身体が曲がっているなんてこともあります。
また、筋力がなさ過ぎて曲がっていることもあるんですよ。

それでは、鏡の前に立ってみましょう。
全身が映る姿見がなければ、洗面所の鏡でもよいです。
そして力を抜いたまま横を向いてみてください。
猫背になっていませんか?
頭が下がっていたり、あごが前に突き出していたり、
肩が前に回り込んでませんか?
後ろに肩がいって、おなかが前に出ていることもあるかもしれません。

太る原因の一つに姿勢の悪さというのがあります。
そうなる理由はさまざまですが、筋力が足りなくてなることがあります。
姿勢を直しただけで、少しずつ痩せていくことも!

かくいう私も、毎日姿勢のチェックをしています。
そのおかげで、腰痛やむくみなんかとも無縁になりましたよ。

日常生活で姿勢を意識しよう!

先のストレッチで身体がどこまで動くか、なんとなくでもわかりましたか?
さて、それではどんなことをしていけばいいのでしょうか?

まず、少しストレッチをしてみましょう。
どのぐらい動きますか?

その時のポイントは、「どこまで動くか把握する」事です。
前より良く動いているなら大丈夫です。
把握が出来たら、身体をほぐして血流を良くしましょう。
実は、太っている方の大半は冷え性なんですよ。
なので、身体を温めているだけでも違います。

そして、自分の姿勢です。
まず顔を上げて、あごを気持ち後ろに引きます。
次に、背筋を伸ばして、おなかを引っ込めましょう。
そして、お尻を少し後ろに引き上げて、脚を伸ばします。
また、肩が前や後ろに行っているなら、身体の横に持ってくる。

全部が終わった後、「頭の上から引っ張られている」イメージをします。

これを日々の生活の中で意識して過ごします。
最初は疲れると思いますが、だんだん慣れていきますよ。
そして、これをやり続けることによって、姿勢もよくなるというおまけ付き。
どうです?やってみませんか?

自分の身体は自分しかわかりません。
身体が冷たいなら、暖かいものを食べたり飲んだりしましょう。
疲れて姿勢が悪くなっているなら、休みましょう。
そして、何より疲れた顔はダイエットの一番の敵です!
ゆっくり休んで、次の日に備えるのが1番です。

まとめ

・背筋を正して、脚を伸ばすだけでダイエットになる
・自分の身体のことをよく知る
・ストレッチと姿勢のチェックをする
・自分の身体は自分しかわからない

-ダイエット

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.