ダイエット

ダイエット中の夕食メニューの2つのポイントとは!?

更新日:

食事制限はダイエットの主役といえます。

ダイエットの大原則は
「消費カロリー>摂取カロリー」ですが、
消費カロリーを増やすより、
摂取カロリーを減らす方が
比較的容易だからです。

「じゃあ、単純に朝食、昼食、夕食の
どれかを抜けばいいんじゃない?」

アナタはそう考えたかもしれませんが、
それはオススメできません。

何故か?
もちろん理由はあります。

わかりやすくたとえると、
相撲の力士ですが、
彼らは「太るために朝食を抜く」そうです。

これはあえて食事を抜くことにより、
脂肪をたまりやすくするためなんだとか。

また、私たちの場合、
一食抜くと次の食事で
「少し多く食べても問題ない」
という心理が働き、
結果食べ過ぎてしまうことになりかねません

中でも夕食は、
朝食や昼食と違う性質があると言っていいでしょう。

朝食、昼食の場合、
食べた後にまだ活動するのが普通です。

つまり、食事によって摂取したカロリーを、
ある程度は消費することができます。

しかし夕食は、
その後体を休め、
数時間後には寝ることになるはずです。

睡眠中の基礎代謝の量は
起きている時と大きくは変わりませんが、
活動量は当然低下します。

つまり、夕食後は自然と消費カロリーが
減ってしまうのです。

でも食事を抜くのが
NGなのは説明しましたよね。

そこで、ダイエットに欠かせない
2つのポイントを紹介します。

低GI値食物繊維です。

糖質を先に食べるべからず…食物繊維を先に食せよ!

GI値とはグリセミックインデックスの略で、
簡単に説明すると、GI値が高いほど
血糖値を上げやすいのです。

体は高くなった血糖値を下げるため
インスリンを分泌しますが、
このインスリンは結果的に
脂肪を生成しやすい働きをします

もちろんその前に
エネルギーとして消費すればいいのですが、
夕食後は体を休めるため、
その機会がどうしても少なくなってしまうのです。

「じゃあ、低GI値の食事メニューにすればいいの?」

うん、それも一つの正解ですが、
意外と難しいですよね。

まず糖質自体が、
優れたエネルギー源であることが挙げられます。

とくに、脳にとってはなくてはならないもので、
非常に重要です(他のものでも代用できるようですが、
あくまで”代用”)。

それよりも効果的な方法があります。

それは、“食物繊維”を先に食べることです。

食物繊維を先に食べることにより、
糖質による血糖値の上昇をゆっくりにすることができます。

また、食物繊維は消化しにくいので、
お通じを増やし、栄養として吸収する量を
減らすことが可能です。

ただ、食物繊維の効果をアップさせるためには、
単に順番として先に食べるのではなく、
前菜感覚で、しかもできるだけ時間をかけなければなりません。

また、一口二口程度の量では効果が薄いので、
サラダなら50グラム以上と
まとまった量を食べましょう。

先にまとまった量を食べることにより、
あとで食べるメインが減るので、
総摂取カロリーも抑えることができます。

低GI値、食物繊維の食品は多様にあるので、
調べて自分に合ったメニューを組んでください。

低GI値食品と食物繊維のデメリット

GI値の高低は、消化吸収のしやすさをそのまま反映します。

また、食物繊維はそもそも消化しにくい食品です。

つまり、低GI値と食物繊維ばかりにこだわると、
胃腸への負担が増すことになります

胃腸はストレスなども敏感に感じとるので、
体調が優れない時に行うと、
さらに胃腸を荒れさせるリスクが高まるのです。

体調が優れない時、
胃腸の調子が悪い時などは
ダイエットよりも体をいたわることを優先し、
消化の良いものを食べましょう。

 

まとめ

  • 朝食や昼食と違い、夕食後はカロリー消費が減る
  • 「GI値」の高い食事は血糖値を上昇させ、
    脂肪として取り込む働きが活発化する
  • それを防ぐには低GI値の食事にするか、
    「食物繊維」を先に、まとまった量で食べる
  • 食物繊維を先に食べることにより、
    血糖値の上昇を抑え、総摂取カロリーも抑えられる
  • 低GI値、食物繊維は胃腸の負担を増すので、
    体調には注意する

健康に配慮しないダイエットは、
一時的に体重は減っても、長期的には必ず失敗します。

「健康第一」それを常に頭に入れておいてください。

-ダイエット

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.