家事

お風呂の天井掃除のコツと、きれいを長続きさせるポイントとは!?

投稿日:2018年5月31日 更新日:

お風呂掃除してますか?

そう問われて、アナタが思い浮かべるのは、
まずバスタブですよね。

次にお風呂マットや床、小物類そして、ようやく壁に到達。

しかし、その視線が「天井」に行くことは、あまりないはず。

もし行くとしても、それは
バスタブにもたれながら、
薄い湯気越しにボーッと天井を見るくらい。

あれ!?なんか天井汚れてる!?

しっかりと天井を見てみましょう。

「キレイでピカピカ、問題なし!」

そういう方は、ぜひその状態を続けてください。

キレイに維持するための秘訣も後ほど出てきます。

「なんだか…汚れてる?」

そんな状態になっていませんか?

もしかしてそれ、カビかもしれません。

「ええ~!?」

この記事を読んでいるアナタから、
そんな声が聞こえてきそうですが、
高温多湿で密閉性が高いお風呂場は、
カビにとって絶好の住み心地です。

しかし、天井の掃除は簡単じゃありません。

そのままでは手が届かないし、
台や脚立は危険です。

じゃあどうするか?

それは、手を延ばすしかありません。
要するに、柄付きの掃除道具です。

具体的には…
柄付きのスポンジブラシや、
フローリングワイパー(クイックルワイパー)
などになります。

もちろん準備はそれだけではありません。

浴室天井の掃除は他の場所とは違うので、
詳しく説明します。

お風呂場天井の掃除…しっかりと洗剤を選ぼう!

たとえばバスタブを洗うとき、
入浴後、すぐにそうじしたり、
さほど汚れていない場合を除き、
洗剤を使いますよね?

天井の場合も同様です。

とくにカビによる汚れなら、
擦るだけでは中々落ちません

ここは市販のカビ用洗剤を使いましょう。

重曹やお酢、クエン酸の水溶液も効果がありますが、
やはりカビ用に特化された洗剤の方が強力ですが、
強力ゆえに注意も必要です。

なので、必ず使用方法を守ってくださいね。

まず、天井に直接スプレーしないでください。

これは安全に掃除するためです。

直接スプレーしまうと液だれしやすく、
場合によってはアナタにかかってしまいます。

スポンジならスポンジに、
ワイパータイプならキッチンペーパーや布を取り付け、
それに洗剤をスプレーしましょう。

そして汚れ(カビ)に洗剤をつけるわけですが、
ここではゴシゴシと擦る必要はありません。

洗剤成分をカビに浸透させるのが目的なので、
押しつけるだけで十分です。

そのあとは浸透させるため、
10分程度待ちましょう。

10分程度待った後に水で洗い流すか、
最初とは別のもので拭き取ります。

もしかすると、一回だけではキレイにならないかもしれません。

その時は同じ行程を何度か試してみてください。

※注意事項※

  • 要換気
  • 最低でも防護メガネ(100均で購入可能)
    ゴム手袋(使い捨てのビニール手袋でも可)
    マスクを着用
  • 髪をガードするものや
    長袖・長ズボンならさらに望ましい

防カビするとカビの悩みは激減!

カビは高温多湿を好みます。

逆に言えば、
それらの環境から遠ざかるほど
カビが生えにくくなるわけです。

お風呂で水を使わないわけにはいきませんが、
最後の人が入浴後、すぐに換気しましょう。

残り湯は浴室内を温める原因になるので、
可能なら抜いてしまいます。

温まった浴室の温度を下げるため、
水を浴室の床などにまくのもいいでしょう。

またこれは難易度が高いのですが、
浴室の壁や天井に
防カビ効果のあるペンキを塗る方法もあります。

我が家では一年に一回、
ペンキ塗りの手慣れた実父に頼んでいますが、
個人で難しいなら業者に依頼するのもアリです。

お金はかかりますし、
塗ってから一週間程度は
臭いが気になりますが、
カビの悩みは激減しました。

こちらの方法も検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、ペンキを塗ったとしても、
入浴後に換気することを忘れないでください。

まとめ

  • 浴室の天井掃除には柄の付いた道具を使う
  • 汚れがカビの場合、市販の洗剤を使う
    (重曹やクエン酸でもいいが、やや効きは落ちる)
  • 天井に直接洗剤をスプレーしない
  • 防護メガネにマスク、ゴム手袋などでアナタの体を守ろう
  • カビは高温多湿を好むので、換気などをしっかりする
  • 個人では難しいかもしれないが、防カビ効果のあるペンキを塗る

お風呂の天井掃除のポイントを紹介してきましたが、
いかがでしたか?

掃除はしているけど、
防カビ対策をしている方は
少ないのではないでしょうか?

防カビ効果のあるペンキは特におすすめですので、
ぜひ試してみてください!

他にも普段のお風呂掃除のコツや
鏡をきれいにする方法も紹介しているので参考にしてくださいね。

-家事

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.