ダイエット

ダイエットの運動は朝?夜?ダイエットで落としたいものはなんですか?

更新日:

ダイエットのために運動している人は多いですが、
アナタはその運動を朝にしてますか?
それとも、夜にしてますか?

できる方でやればいい!

いきなり結論が出てしまいましたが、
どうせなら効果的に運動したい
とも考えているはずです。

朝と夜、運動の効果がまったく同じなら、
別に考える必要はありません。

しかし、その効果に違いがあるからこそ
朝推し、夜推しがあるわけです。

何を減らすためにダイエットをするのか?

みなさん、ダイエットで減らしたいのは、
体重というより脂肪ではないですか?

いわゆる脂肪燃焼をさせたいはずです。

その目的に沿った運動にしたいのであれば、
朝の運動をオススメします。

ただ、決して夜の運動がダメなわけではありません。

なぜ浅野運動がいいのかというと、
朝はお腹が空っぽだからです。

朝起きたとき、就寝中に間食をしない限り、
お腹は空腹ですよね。

血液中の糖質が少ない状態になっています。

人間が活動するには、当然エネルギーが必要ですが、
糖質はそのエネルギーを取り出しやすい物質なんです。

朝はその糖質が少ないので、
エネルギー源としての糖質はすぐに無くなり、
脂肪をエネルギーとして消費、つまり脂肪燃焼をおこないます。

また、運動は食欲を抑制する効果も報告されているので、
個人差はありますが、
運動したからバカ食いするという事もなくなるでしょう。

ただし、この効果は1時間前後でおさまってくるので、
後々空腹にならないよう、しっかりと食事は摂ってください!

このように、脂肪燃焼を促進したいなら、
朝食前の運動がおすすめですが、
しかし、リスクがまったくないわけではありません。

朝の食事前は、極端に言えばガス欠状態

たとえば、スマホのエネルギー供給ルートは
バッテリーだけですが、人間は複数あり、
その一つが脂肪なわけです。

しかし、本来の供給ルートである糖質が
最初からあまり使えないとなると、それなりの影響が出てきます。

運動の質や量の低下、
場合によっては筋肉をエネルギー源として使い、
筋肉が減るなんて事態もあり得るんです。

それを防ぐには、
運動前に、軽くエネルギーになりやすいものを食べ、
その後、朝食も適度に摂りましょう。

朝の運動に対して夜の運動は…

夜の場合、朝食と昼食を摂っているので、
お腹の中が空っぽということはないはず。

エネルギー源が、ある程度体内にあるので、
運動自体はしやすくなっています。

朝よりも体内に糖質が多い分、
直接的に脂肪燃焼にはつながりにくいですが、
放っておいたら脂肪になってしまう糖質を、
消費することができるんです。

つまり、
「痩せる」というより「太らない」体作りが出来ます。

また、睡眠時に筋肉は発達しやすいので、
軽い筋トレを組み込めば、筋肉がつき、
体の代謝機能がアップしていくんです。

運動はストレス発散にも効果的にはたらきます。
個人的にですが、ストレス発散の効果はは非常に大きいです。

ただ運動は、体を軽い興奮状態にするので、
寝る2時間前、できれば3時間前には運動を終わらせましょう

まとめ

・朝の運動は脂肪燃焼に効果的
・食欲抑制効果もあり、食事が抑えられる(ただし、朝食は適度に食べること)
・朝食とは別に、運動前に軽くお腹にいれると良い
・エネルギー不足は間違いないので、運動の質や量は低下しがち
・夜の運動は、直接的に脂肪燃焼効果は薄い
・余分な糖質を消費してくれるので、今以上の肥満防止には効果がある
・朝の運動より筋肉がつきやすい(筋肉がつけば基礎代謝があがる)

これまで朝と夜の運動効果について説明してきましたが、
もっとも大切なことは運動を習慣化することです。

どんなに優れた効果があっても、
1日2日でダイエットは終わりません。

それにはまず、続けることを前提におき、
効果の違い云々はあえてスルーすべきです。

習慣化という土台がなければ、
なんの意味もありません。

-ダイエット

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.