子育て

育休で迷惑をかけてしまいそう…一人ひとりに感謝を伝えよう!

投稿日:2018年5月16日 更新日:

会社の制度が充実してきて、
女性は結婚後や出産後も働きやすい環境が整ってきましたね。

育休を取得して休む側と、
会社に残り送り出す側の仕事と気持ちの負担を考えて、

社内の環境を整えていくことがこれからの社会に必要になります。

現場のリアル

会社は利益を生み出す以上、信用が第一です。

ブラック企業なんていう言葉が浸透している昨今、
社会からの信頼を獲得するために福利厚生を充実させ、
社員の待遇を向上させることは世間への効果的なアピールポイントになります。

しかし産休・育休・時短勤務など、制度だけが先を行ってしまい、
内部の環境がそのまま取り残されて不具合が生じてきてしまっているのです。

大変だけどなんとかするしかない。

実際に産休・育休制度を利用する側は大変ありがたく助かります。

しかし、産休を取って休んだ人の穴の埋め合わせに
新規に雇う余裕はなかなかありません。

そのため既存の社員たちの負担を増やすことになっているのが現状です。

残された人たちにだって生活があり、養う家族がいる人だっています。
できないでは済まない、やるしかない状況なのです。

「逆マタハラ」なんて言葉も出てきまし…

しかし働く妊婦さんやママさん本人が、育児などを理由に早退や欠勤を繰り返し、
仕事があまりできないことをさも当たり前のように捉えてしまう。

そのため周りに負担がのしかかっていることへの配慮をせずに
迷惑をかける人も悲しいですがいるのが現実です。

そういった仕事のしわ寄せを受けて、心や体を痛めてしまう
「逆マタハラ」という言葉が出てきました。

妊婦や産休・育休を取得する人ばかりに焦点がいってしまい、
優遇されることに同じ女性でありながら
そういった人生を選ばなかった人にしてみたら、余計面白くないですよね。

育休も残された側も両方経験した私の場合

私は今までに産休・育休のために送り出す側と
送り出される側の両方を経験してきました。

実際のところ、送り出す側のときは仕事のしわ寄せはもちろん来ましたし、
人員配置を見直して異動をして仕事量も増えました。

異動した部署では「来てくれて本当に助かった、ありがたい」と歓迎され、
産休で休む社員からは「あなたが来てくれて良かった、安心して仕事を任せられる」と
声をかけていただき、これが私のモチベーションにつながったんです。

そして今度は私が産休をいただく時には、
残って会社を支えてくれる人たちへ、一人ひとりに感謝を伝えました

まとめ

雇用情勢は今や売り手市場で、人手不足の会社が少なくありません。
そんな中で戦力の減少はとても痛手ですよね。

そんな限られた戦力の中でなんとかして利益を上げようと
皆必死になって頑張っているんです!

仕事はストレスも多いし大変です。
もちろん育児も子供に振り回されて大変。

「ありがとう」や「頑張ってるね」、その一言で気持ちは軽くなります。
お互いをねぎらう気持ちを忘れないで下さい。

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.