子育て

子育てのイライラは2歳の時に多い?イヤイヤ期を乗り切る対処法!

投稿日:2018年4月27日 更新日:

イヤイヤ期のピークである2歳。そんな子供にイライラしたら…

おすすめしたい!『コチョコチョ』!

毎日些細なことでイヤイヤいわれると、こちらもイライラしてついつい感情的に怒ってしまいがちです。
そしてその後自己嫌悪。
このループ…疲れますよね。
何かにつけてイヤイヤいう子供…
イライラする自分…どうしたら。

そんな時は『コチョコチョ』しましょう!
どんなに泣かれても『コチョコチョ』。
逃げられても追いかけて『コチョコチョ』。
ひたすら『コチョコチョ』。

止める目安は自分か子供がついつい笑ってしまうまで!です。

そもそもイヤイヤ期って?イヤイヤ期の原因は?

そもそもなぜイヤイヤ期とは何でしょう。
第一反抗期(なんだかこわい響き)とも呼ばれます。
といっても反抗というよりは徐々に自己主張しだす時期、
というほうがしっくりきます。

まだ言葉もうまく話せない2歳。
その自己主張を相手にうまく伝えることが出来なかったり、
したいことがうまくできない感情をどう処理していいのかわからない、
そしてイヤイヤしてしまうという感じでしょうか。

なので2歳のイヤイヤ期って、
こちらが怒って事態が好転することなんて絶対ない、といって過言じゃないんです。

だってイヤイヤしている本人ですら、
どうすればこの気分が収まるのか、きっとわかっていません。

そんな相手にイライラして感情的になってしまっては、
ずっと平行線で、子供が泣き止むのをひたすら待つしかなくなります。
…疲れますよね。疲れます。

とにかく気持ちをリセットしよう!『コチョコチョ』いいですよ!

私「お風呂に入ろう~!」 娘「イヤなのー!遊ぶのー!」
私「えー、お風呂の後でも遊べるでしょ」 娘「イヤなのー!」
私「えー、お風呂におもちゃあるよー」娘「イヤなのーイヤだー!!」
私「もう、じゃあ1人ではいるの?!」娘「イヤだイヤだイヤだー!!」
私「……」娘「イヤ!イヤ!イヤ!イヤー!!」

我が家のイヤイヤ期の一幕です。
こうなってしまうと、この流れでスムーズにお風呂に入れるのは不可能に近いですね。
泣きわめく娘の服を脱がして風呂場に担ぎ込むことに…。

もうね私は、娘の口から2回くらいイヤが出たら『コチョコチョ』しちゃいます。
娘もはじめは?????という顔をしたり、余計にイヤイヤいったりしました。
そうなっても気にせず『コチョコチョ』してください。

子供の脇腹に集中してください。
するとそのうち何だか面白くなってきて、イライラした感情がスーっとなくなります。
たまに娘の方がゲラゲラ笑いだして、その後あっさりお風呂にも入ってくれることもあります。

そうはならずとも、こちらもイライラした気持ちがリセットされて、
なるべく穏やかに説得にあたることが出来るのです。
それでもまたイライラすることになったら、もう一度『コチョコチョ』ですよ。

気持ちひとつで疲れないイヤイヤ期を!

今回は『コチョコチョ』をおすすめしましたが、
別に『なでなで』とか『ぎゅっぎゅっ』、『変顔』でもいいわけです。

要はイライラした気持ちを別の何かで上書きしましょう。
そしてそれを子供とのイベントにしてしまうのです。

いつまで続くかわからないイヤイヤ期、ずっとイライラしてられません。
だって疲れますからね!
だから『コチョコチョ』!

さて、気持ちが整ったらイヤイヤ期に立ち向かいましょう!

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.