子育て

子育ては共働きと専業主婦どちらも大変!周りのサポートが大切です!

更新日:

子持ちの専業主婦と兼業主婦、どちらが大変だと思いますか?

結論、どちらも大変!はい、おしまい!

そりゃそうだろって話ですね。
ではどちらがどのように大変なのかを考えてみましょう。 

専業主婦の大変さは子供中心の生活からきている

専業主婦は四六時中子供といる不自由さがあります。
子供はもちろんかわいいですよね。

でも、まだ言葉もうまく話せないような年齢であれば、
遊び1つにしたって一緒に何かをすることになります。

1日中子供の遊びに付き合っていると本当に体力を使いますよね。
午前中は公園に行って、お昼ご飯を作って、お昼寝させつつ、その間に自分のお昼や掃除などの家事をしなくてはなりません。
子供が起きたらおやつを食べさせて、また一緒に遊んで、子供をあやしながら夕飯を作る…。
すべてが子供中心のスケジュールで進みます。 

またなんとなく育児・家事に関してあまり夫に手伝いをお願いできない、という意見もよく聞きます。
このあたりが専業主婦の苦労ですね。

しかしやはり専業主婦には時間の余裕があります。
子供が多少ぐずったとしても、とりわけ急ぐ用がなければ余裕をもって対応できますし、朝多少寝坊したとしても、すこしスケジュールを変更するだけです。 

兼業主婦の大変さは何といっても仕事と家事・子育ての両立

兼業主婦は毎日スケジュールに追われる苦労があります。
とくにフルタイムなんかで働いていると、腰を下ろす暇がないくらいです。 

朝は会社に遅れないように子供を保育園に送っていって、日中は仕事。
仕事が定時に終わるように、できることはなるべく先にしておかなければなりません。
そして定時になったら保育園へお迎えに。

そして家に着いてからが一番慌ただしい。
洗濯機を回しながら夕飯を作り、子供に食べさせながらお風呂を沸かし、お風呂に入れて寝かしつけたら、洗い物と洗濯物を干して…。
さらには日中子供を預けている気負いみたいなものから、遊ぶ時間もしっかり取らなければ、なんて思っていたら本当にコーヒー1杯すら、飲めません。

しかし兼業主婦の場合、勤務中はしばし子供のことから離れて自分の時間が持てます。
会社にいる間は自分の身1つで動ける自由がありますよね。

どちらにもいえることは、周りのサポートが大切

 結果どっちも大変なので、結局は周りの理解とサポートが大切となってきます。
専業主婦の大変さ、子供と四六時中いる苦労、という点は祖父母や一時保育を使って解消できますね。
パパがお休みの日に思い切って1日預けてしまうのもありです。

兼業主婦はとくに平日家に帰ってからが大変なので、お惣菜を使ったり、パパにお迎えを出来るだけ頼んだりして、なるべく時間を確保しましょう。 

たとえ月に1回でもまとまった自由時間が出来ると、リフレッシュになります。
このあたりがうまく出来ず1人で頑張っている主婦は、専業だろうか兼業だろうがとっても大変です。

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.