子育て

子供がいう事を聞いてくれない…そんな時に思い出したい4つのこと

投稿日:

いう事を聞いてくれないと、イライラしたりつい怒鳴ったりと、
どうしたらいいのか頭を抱えてしまいますよね。

そこで、いう事を聞いてくれるポイント4つを紹介します!

ポイントは、

  • 気をひく
  • 意識する
  • 洗濯させる
  • 恐怖感

子供の気を引こう

「片付けしなさい」と声をかけても、
見向きもしないってこと、ありますよね。

ここで、なんども
「片付けしなさい」
というのではなくこちらに気を引いてもらえるよう、

子供の名前を呼んで
顔と体をこちらに向かせるようにしてあげてください。

顔と体が、こちらを向いているということは
こちらに意識が向いているサインです。

こちらに意識を向かせている状態で、
声をかけるのは、アナタの話を耳にいれやすいチャンスです。

この状態で、聞いてほしい事を話してあげてください

名前を呼んでも、
こちらを向いてくれない場合は
「〇〇のお菓子全部たべちゃおうかな」
「わー!なにこれ!すごい!」等、
少し卑怯ですがあの手この手で、
アナタの子供が反応する言葉をかけて
こちらに意識を向かせるのも1つの方法です。

子供に意識を向けて話をする

たとえばアナタが、上司に注意されたとします。

そのときに、上司がスマホを触っていたり、
背中を向けたりしながら注意していたとすれば、
話を聞く気なんてしませんよね。

アナタも、子供に背中を向けたり、
スマホを触ったり、ご飯を作ったりなど、
何かしながら声をかけていませんか?

もし、ながら行動で声をかけていたなら
アナタの子供だって話を聞く気になんかなりませんよね。

いう事を聞いてほしい時は、
何か行っていても手を止めてちゃんと、

意識を向けて声をかけてあげてください

そうすれば、アナタの真剣な気持ちが
表情に出て子供にもきっと伝わるでしょう。

子供自身に選択させる

いう事を聞かない時は、
子供にどっちがいいか問いかけて選択させてみてください。

たとえば、ご飯を好き嫌いで
食べてくれなかった場合は、

「〇〇が、好き嫌いして食べてくれないなら
もうご飯作らなくてもいい?」

と、問いかけてそれでいいのか、ダメなのか
子供に考えさせ選択させる時間を与えてください。

もし、それで「いいよ」と言った場合は

「じゃ、ご飯作らないから〇〇が自分で
お腹が空いた時はご飯作ってね。
でも、お料理するときは、火も使って熱いし
包丁でケガすることだってあるよ。」

と、酷いように聞こえますが
アナタのお子さまにあった現実的な答えを伝え
本当にいいのか考えさせてあげてください。

最終手段!子供が怖がるものを用意しておく

頑固にいう事を聞かない事もありますよね。

ただ、これは最終手段として、とっておいてください。

アナタのお子さまには、怖いものはありますか?
わかりやすく言えば、おばけや鬼など。
もし、おばけや鬼など架空のものに
怖がらないならお子さまが、
怒られるのを怖がる人物でも構いません。

頑固に聞いてくれない時は、必殺技的な感じで

「〇〇は、いう事聞いてくれないならオバケに電話して
〇〇をオバケの世界に連れていってもらおうね」

「〇〇が、いう事聞いてくれないなら〇〇さんに電話して
こっちにおいでーって話そうね」

と、アナタなりの使い方で使ってください。

これはとても効果大ですが、
日頃から使いつづけると効き目がなくなるので
頑固に聞かない時に必殺技として使ってくださいね。

まとめ

  • 子供の意識をこちらに向ける
  • アナタも子供に意識を向ける。
  • 子供に、選択させる。
  • 怖いものを使う。

 

 

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.