子育て

子供がご飯を喜んで食べる工夫とは!?ポイントは見た目!!

更新日:

子供が自分の作ったご飯を
モリモリ食べてくれると、
お母さんはすごくうれしいですよね。

反対にあまり食べてくれなかったりすると
がっかりしますし、
栄養のことなど心配になりますよね。

我が家の子供たちは、
基本的にはよく食べてくれるのですが、
メニューによっては
食がなかなか進まなかったりすることもあります。

そこで、我が家流の
子供が喜ぶご飯の工夫」を紹介します!

気分は「インスタ映え」?まずは視覚に訴えてみよう!

最近は「インスタ映え」といって、
食事もフォトジェニックなもの
増えていますよね。

私もSNSを見ていると、
「手料理でこのクオリティ…!」と
驚いてしまうことがあります。

もちろんそこまでのことは
しなくてもいいのですが、
子供は結構視覚の情報を重視します。

なので、出した食事が
なんだか楽しそう!」と思ってもらえると
喜んで食べてくれるものですよ。

たとえば、我が家では、
野菜をお花やハートのクッキー型で抜いたり
卵焼きを斜め半分にカットして
ハートの形に盛りつけたりしています。

ほかにも、オムライスに
子供の似顔絵(もちろん簡単でOK!)や
名前を書いてあげると大喜びします。

ママ友の家では、
お子さんが目玉焼きを
あまり食べてくれなかったので
上から青のりやゴマをかけてあげたところ、
嘘のように食べるようになったとか。

ちょっと見た目が変わるだけで、
子供にとっては楽しいようです。

いつものご飯の盛りつけ方を
ちょっと変えてみたり、
トッピングをしてあげることで、
モリモリ食べてくれるようになるかも!

ぜひお試しください。

子供は意外と食器も重視しています!

子供は視覚からの情報を
重視するということにつながりますが、
食器を変えると驚くほど
子供が食べてくれるようになったりもします。

お気に入りのキャラクターや動物が描いてある
お皿に盛りつけると、
食べる前は当然柄が隠れてしまいますが、
「ご飯の下に○○が隠れているよ~!」
などと声掛けをしてあげると
ゲーム感覚で食べ進めてくれますよ。

今シンプルな食器を使っている
というお母さんは、
ぜひお子さんと一緒に
食器を選びに行ってみてください。

子供が「これでご飯食べたい!」
というお皿があったら、
きっと食事の時間が楽しくなりますよ。

まとめ

子供がご飯を喜んで食べてくれるきっかけは、
見た目」です。

見た目が楽しいと、
「食べよう!」という意欲がわくだけでなく、
楽しく食べることができるようです。

食事の時間を楽しくした方が、
親子共々ストレスなく過ごせますよ。

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.