子育て

子供のお風呂遊びをとおして水に強い子に育てよう!

更新日:

お風呂大好きな子も、お風呂嫌いな子も
じーっと湯船につかっていることなんて
まぁありませんよね。

大体が暴れる、水飛ばす、水かけるなど。
私の子供はお風呂大好きで
親がのぼせていてもまだ入りたがります。

一体何で遊んでいるのか?

それはもうほんと日々色々ですよね。
そして謎の遊びもあります。

お風呂遊びにルールなんてありませんので
子供の好きにさせちゃいましょう!

マンネリ化してきたら
普段遊んでいるおもちゃで
水が大丈夫なものを入れちゃいます。

もうこれが子供にとって凄くおもしろいみたいです。

時には贅沢に子供用の入浴剤を入れてみると
大喜びで遊びます。

お風呂は砂場の水バージョンと考えてみよう

公園にある砂場。
子供たち大好きですよね、
掘ったり、固めたり、積み上げたり
個々がそれぞれ好きに遊んでいます。

お風呂もそれと同じ!
公園に行こう!
というと子供喜びますよね。

でもお風呂に入ろうというと渋ったりしませんか?

私の子もテレビを見ていたり
おもちゃで遊んでいたりすると
「これ終わってからね」とか言われます。

いや、今入って欲しいんだけどってなりますよね。

ここで出番のお風呂グッズ
今は100円均一で手軽に売っていますよね。
魚つりだったりバケツだったり。
子供にとっては入浴剤さえおもちゃに早変わりです。

でも新しいおもちゃを買ったときは
すぐに入ってくれますが、何日も経つと
それではなかなかお風呂に入ってくれません。

私の場合はお風呂グッズで料理しよう
とか誘います。

バケツと水鉄砲があれば
ガチャガチャ混ぜてくれます。

子供の想像力はとても豊かなので
こちらがちょっとした提案をすれば、
そこにある道具で不思議と新しい遊びを始めるんですよ。

大人しくてあまりおもちゃで遊ばないという子には
お風呂の壁にペタッと貼る表で勉強するのもひとつの手です。

あいうえお表ABC表など
子供に選ばせてあげるのもいいでしょう。

他にも、ガーゼ1枚でクラゲなど作ってみるものおもしろいです。

お風呂遊びを通して水に強くなろう

「お顔湯船につけられる?」
なんて子供に聞いたことないですか。

私の子も最初すごく嫌がりました。
水は大好きだから頭から浴びるし、かけても平気。

でも顔はつけられなかったです。

まずは口のぶくぶくからはじめて、
ぶくぶくがうまくなれば今度は鼻つけよう!
とどんどん促します。

鼻がいけたら次は耳、そして目。
長い目で見てあげてください

やりたくない時は、遊びながら見せてあげてください。
テンションが高いときが狙い目です。

機嫌がよかったりテンションが高かったりすると
子供たちはチャレンジしてくれます。

泳げなくても顔がつけられるだけで
遊びは広がります。

ただし、保護者が必ず見ているときだけにするように
子供には伝えてくださいね。

何かあると大変ですので。

まとめ

毎日入るお風呂だからこそ
子供には嫌がらずに入ってもらいたいもの。

年齢によって遊び方は色々なので、
乳幼児の時は手遊びや歌を歌いながら。

幼児になるとおもちゃを使って
色々遊んでみてください。

小学生に入ると壁に貼る表などで一緒に勉強したり、

計量カップを使って算数を勉強する家庭もあるそうです。

お風呂にテレビや防水付きのCDプレーヤーがある家は別ですが、
ほどんどの家庭では子供とお風呂では遊ぶでしょう。

親も疲れてしまわないように
悩まず自由に遊んでもらいましょう。

季節もので柚子などを浮かばせても
楽しそうに遊びます。

なんでも遊びに変わるのでわざわざおもちゃを買わず
水が大丈夫なもので遊びましょう。

私の家庭もたくさんのおもちゃは買っていません。
でもすぐに水垢で汚くなるので
定期的に変えるときだけの購入にしています。

童心に戻って子供とたくさん水遊びしてください。

砂場と違ってどんなに暴れても
騒いでも汚れないのがいい!

我が家の風呂遊びルールなんて決めてみるのも楽しいでしょう!

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.