お金

当てはまるものはありますか?貯金ができない家庭にみられる5つの特徴!

投稿日:2019年1月3日 更新日:

なぜお金が溜まらないんだ…
と思っているそこのあなた!

もしかしたらお金が溜まらない
タイプになっていませんか?

ずばり5つの特徴とは、
「お金の動きを把握できていない」
「まぁいっか!という甘い精神がある」
「目標がない(漠然としている)」
「危機感がない」
「現実的な計算が出来ない(またはしない)」
です。

今回は、貯金が出来る人・出来ない人
の大きな違いを紹介します。

ぜひ読みながらチェックしてみてくださいね。

生活費が高すぎて貯金ができない!でもその中に不必要な費用はありませんか?

最初にあなたに質問です。
毎月使っているお金の内訳を全部言えますか?

言えなかった方は、お金の管理に疎く、貯金が
出来ていないタイプと言えるでしょう。

 

では、次の質問です。

最低限の支払いモノのお金
(家賃代・光熱費・携帯代
※食費は除く)は、
どのくらいですか?

これも言えなければ、貯金できないタイプです。

今の質問に答える事が出来なかった方の多くは、
不必要な出費をしている可能性があります。

不必要なものとは、個人差がありますので一概にこれ!
とは言えないですが、私の場合でいうと外食代
ショッピング代レジャー代ゲーム代などです。

生きる上で、楽しみも必要です。
ですので、これがすべて不必要とは言いませんが、
過剰になると「不必要」となるかと思います。

貯金したいのにできない!その状況に陥ってしまうのにはある原因があった!

冒頭にも5つの特徴としてあげていますが、
この特徴とその原因について説明します。

原因の1つ目は、お金の動きを把握していないことです。
給料の中で生きていくなら、内訳をしっかり
考えないとどこかでしわ寄せがきます。
給料日前には、お財布もすっからかん
…なんていう人も多いです。

 

2つ目は、「まぁいっか!」精神です。
「たまには自分へのご褒美」と言っている人は要注意です。
それは、数日前にも言っていませんでしたか?
つまり、「まぁいっか」という精神ではなく、
「この日はOK」という考え方にシフトするのが大切です。

 

3つ目は、目標がないということ。
とくに何も目標がないとなると、
手元のお金は飛んでいきます。
たとえば、退職するまでの間に「300万貯金する」
という目標を作る事で、貯金が楽しくなるでしょう。

ちなみに私の場合は、300万を3年後までに
貯めると決めたら月割り計算します。
1年で100万だから1か月あたり約84,000円
と考えてから行動に移します。

何か決める時には、具体的に決める方が
目標を定めやすいと考えているからです。

 

4つ目は、危機感がない人です。
老後が不安…という人ほど、節約スタイル
を見る事がないように思います。。
毎朝、出勤前にコーヒー1杯とちょっとした
お菓子をコンビニで買い、それを食べたり
飲んだりしながら「老後が不安なのよね」
と言っている人に説得力はありますか?

コーヒーとちょっとしたものを買った金額が
毎回300円として、22日出勤と考えると、月に
6,600円、年間で79,200円ムダなものに使っています。

これを水筒で家から飲み物持ってきたり、
お菓子も我慢していたら、79,200円は
貯金できていたということなのです。

 

つまり、5つ目現実的な計算が出来ない(しない)人です。
生きる上で必ずお金はかかります。
あなたが今使おうとしているものは本当に必要なもの
なのか、一度感情を抑えて計算してみてください。

計算してみると勿体ないと思う事と、
それでも「欲しい」と思う事の2択になります。
これを毎回考えて選択していくうちに、必要なもの
と不必要なものを選択できるようになるのでは?

そしてそれが貯金につながるのだと思います。

まとめ

これは、私が勝手に思っているやり方ですので、
一つの参考だったと思っていただいてよいです。

先日、私の会社の人で、色々あって500万
近く借金ができたと言っていました。
「どうやって返せばよいかわからない。
生きていけない」と言っていました。

私は、滑稽に思えました。
なぜならその人は毎朝缶コーヒーとたばこを
買う人で、この話をしている時も缶コーヒー
を飲みながらでしたから。

私は、この人には「危機感がない」なと
思いましたし「金に疎い」とも思いました。

あなたは、どうですか?

-お金

Copyright© Komari's Note , 2019 All Rights Reserved.