ダイエット

お腹痩せたい?ウォーキング+αしませんか?

投稿日:2018年6月15日 更新日:

ウォーキングって、運動の中でも負担が軽く、
気軽に始められますよね。

特別な器具も必要ないし服装も選ばない。

はじめやすく続けやすいのが
最大の利点ですが、運動負荷が低いだけに
効果を実感するまでに相応の時間が必要です。

ダイエットの目的は人それぞれ。

目的がお腹を引っ込めて痩せたいなら、
ウォーキングだけでは
かなり長期間を覚悟せねばなりません。

そこでオススメしたいのが、
ウォーキングにプラスした運動です。

アナタがダイエットしたいのは、
おそらく脂肪細胞を減らしたいからでしょう。

でも、脂肪を減らしただけでは、
アナタの想像するスタイルにはなりません。

理想のスタイルに必要なのは「筋肉」!

筋肉と聞いて、こう思ったんじゃないですか?

「ええ、まさか筋トレ?筋トレってキツいんでしょう?」と。

もちろんこれを機に、
筋トレを始めるのもいいのですが、
運動習慣がないアナタが筋トレを始めても、
挫折する可能性がありますよね。

だからここでは、
筋トレ以外で筋肉を鍛える方法を紹介します。

歩くとき猫背になっていませんか?

歩くときに限らずデスクワークでも、
朝は伸びていた背筋が
次第に丸まって前傾姿勢になります。

理由は簡単、その方が楽だからです。

でも、そういった姿勢が
体によくないのは知っていますよね。

腹筋は姿勢を支える筋肉の一つです。

つまり正しい姿勢を維持することは、
腹筋に負荷をかけていることになります。

まずはウォーキング中に限らず、
歩いているときは猫背になっていないか
定期的にチェックしましょう。

慣れるまではちょっとツライかもしれませんが、
正しい姿勢でさっそうと歩く
自分を想像してみてください。

テンションが上がりますよ。
ただ、あまり意識しすぎて、
体を反らさないよう注意が必要です。

体を不自然に反らしてしまうのも、
良くありません。

そしてもう一つ。

正しい姿勢でのウォーキングと同じか、
それ以上に簡単な方法があります。

お腹に力を入れるという方法も!

息でお腹を膨らませるのではなく、
お腹に力を入れる、
お腹を硬くするイメージでしょうか?

実は、この状態で歩こうとしたんですが、
私はお腹に意識がいきすぎてムリでした。

とにかくお腹に直接作用しているので、
続ければそれなりの効果はあるはずです。

なお、ここで挙げた方法は、
筋トレと比べると
運動負荷としてはやはり小さくなっています。

そのためどうしても、
筋トレほど高い効果はありません

即効性がないことは覚えておきましょう。

私のウォーキング実録(笑)

「ウォーキングなんかでは痩せない」

今までの話を根本から覆すような、
そんな疑問をもっていませんか?

断言します。

そんなことはありません

私はスマホの歩数計を数年前から使用しており、
画像はその累積データです。

日数は「633日」で距離は「1226km」なので、
1日平均すると1.9kmになります。

これで脂肪燃焼量は「4.5kg」。

1日平均を倍の4kmにすれば、
1年未満で4.5kg~体重を落とすことになります。

少し早歩きにすれば
1時間で5kmくらいはいけるので、
ウォーキングだけで一年5kg~落とすことだって
十分に可能です。

まとめ

  • ウォーキングだけでお腹を痩せるには
    相当な期間が必要
  • 腹筋を鍛えると効果的
  • 筋トレが理想だが、難しいなら以下の方法で
    ウォーキング中、定期的に姿勢をチェック
    お腹に力を入れて硬くする
  • ウォーキングでも続けることで、体重は落ちる

あとは適量な食事制限ですが、
極端な食事制限は筋肉を育てる材料も不足するので
逆効果です(健康面でも)。

特定の栄養に偏らず、バランス良く食べてくださいね!

-ダイエット

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.