家事

バスタオルの部屋干しは怖くない!臭いが出ない洗い方と干し方決定版!

投稿日:

バスタオルは最低でも2日に1回洗うことで
臭いが出にくくなります!

お風呂に入って体や頭もきれいに洗っているんだから、
その体を拭くバスタオルはそんなに汚れていないでしょー。

これが臭いのもとです!

 

バスタオルは大きく乾きにくいもので、
あまり頻繁に洗わないかたもいるでしょう。

ましてや梅雨時などそれじゃなくても洗濯物がたまるのに、
バスタオルなんてあとまわしにしていませんか?

そうしてしまうと洗っても臭うバスタオルができあがりです(汗)

 

さらにきれいにあらったつもりでも、
わずかに残った皮脂やよごれがバスタオルに付いています

どの辺りにつくかと言うとバスタオルの中央部分です。

そこで生乾きの状態で雑菌が繁殖し、
皮脂や汚れをたべて分解するときにあの嫌な臭いがでるのです。

また、洗濯してもどうしても折れ曲がってしまって、
汚れが落ちにくい部分でもあります。

洗濯して乾くと臭いも気になりませんが、
使うとまた、臭ってくる…

これを完璧に取るのはなかなか難しいです。

部屋干しででる臭いは重曹が効果的!どうやって重曹を使うの?

このなかなかとるのが難しい臭いに役立つのが重曹です。

臭いの元になっている皮脂や汗の汚れは酸性なので、
アルカリ性の重曹が強い味方になってくれます。

重曹はスーパーのお塩や御新香の浅漬けのコーナーなどに
置いてあり、価格も100円しないくらいです。

そして、やり方もとっても簡単です!

普通に洗濯するように、洗剤をいれ、
30リットルにたいして大さじ3杯の重曹をいれて、
スイッチをオンにするだけ。

この時に冷水よりもぬるま湯を使った方が
より効果が高いです。

 

これで臭い対策はできましたが、これをやってもまだ臭う場合、
洗濯機自体が雑菌の温床になっている可能性があります。

一度入り込んだ雑菌を消滅させるのはなかなか難しいので、
その時は洗濯機自体の洗浄をする洗剤で掃除してみてください。

 

またバスタオルだけでなく、普段使った濡れた物を
直接洗濯機に放り込むのは止めた方がいいでしょう。

雑菌が大喜びします。

ある程度乾いた状態で洗濯機に入れるか、
入れる前にかごなどで乾かすなどの工夫が必要です。

 

さらに、洗濯をしたら、洗濯槽を乾かすためにも、
しばらくは洗濯機の蓋を開けたままにして、
ものを入れないようにすることもおすすめします。

部屋干しするなら空気を動かす!エアコンや除湿器で臭いにサヨナラ!

梅雨の時期や花粉症の時期、秋の長雨など
外に干せない時期は結構な期間です。

そんな時は部屋干しをすると思います。

 

部屋干しするときのポイントは、ズバリ空気を動かすことです!

雑菌は湿り気が多ければ良く繁殖してしまいますので、
乾燥時間が5時間ほどを過ぎると臭ってきます

逆をいえば、それ以内に乾燥させることができれば、
臭いが発生しないということです。

洗濯乾燥機は時間がかかるうえ、
音もうるさく、夜に動かすのはためらわれますね。

 

そんな時は縦長のバスタオルをそのまま干すのではなく、
横にして上部を洗濯バサミで止める、囲み干しをします。

まるっと全部囲ってしまわないで隙間を作るのがコツです。

蛇腹に干してもいいようです。

そして、除湿器を使い扇風機を回す
あるいはエアコンのドライにして扇風機を回すと良く乾きます。

 

通常だと4時間くらいかかるところが、
扇風機を中で首振りをせず当てて乾かした場合は
2時間前後で乾きます。

これで臭いが発生する前に乾燥させることが出来ますよ!

まとめ

バスタオルだけに関わらず、最近は住宅事情や花粉症、
女性の一人暮らしなどで洗濯物を部屋干しする方が増えています。

そのために洗剤も切磋琢磨して進化を続けていますが、
洗濯物の管理次第では限界があります。

ちょっとした工夫で臭いが防げるのであれば、
もう、部屋干しも怖くありませんね!

重曹、除湿(エアコンのドライ)、扇風機が三種の神器です!

-家事

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.