家事

お風呂掃除のラスボス「カビ」をやっつけろ!武器はお酢と重曹!?

投稿日:

お風呂は体をきれいにするところですが、
油断すると汚れがたまってしまいます。

水垢(みずあか)、石鹸カス、洗い流した体の汚れなどなど…

なかでもカビは最悪ですよね…

お風呂のカビって、掃除するときに、避けてませんか?
いったん根づいちゃうと中々取れないし、心理的にあまり触りたくない。

触りたくない→カビ繁殖→さらに触りたくない→さらに繁殖…
まさに負のスパイラル、悪循環です。

この悪循環、断ち切りましょう!
いくつかの方法を紹介します。

お風呂のカビに身近なお酢や重曹を使う方法も!?

もちろんオーソドックスに専用洗剤を使う、
台所用漂白剤だって役に立ちます。

お風呂のカビに対してポピュラーな方法は、
カビ専用の洗剤を使うことです。
塩素系洗剤が一般的でしょうか。

洗剤に書いてある使用法が原則です。

ただ中々カビが取れない場合は、洗剤をかけた部分にラップをして放置しましょう。
薬剤が染み込みやすくなります。
時間は記載されているものを基本にしてくださいね。

カビ用塩素系洗剤と同系統の薬剤が、台所用塩素系漂白剤です。

主成分は次亜塩素酸ナトリウムですが、濃度がかなり違います。
カビ用洗剤が0.5%ほどで、漂白剤は5%くらいです。

漂白剤は、薄めることを前提としているので、
高くなっています。
カビに対し使う際には10倍程度に薄めましょう。

次亜塩素酸ナトリウムは、濃度が高いものが付着すると肌荒れの原因になりますが、
低い濃度なら放置しない限り大丈夫です。
大丈夫と行っても体についたら濃度に関係なくすぐに洗い流しましょう。

では台所用漂白剤の方がいいかな?とも思いますが、
元々カビ用ではなく液ダレなどかあるため、使い勝手に多少問題があります。

「漂白剤」→「キッチンペーパー」→「カビ」というふうに、
ワンクッションはさめば液ダレは解決します。

ただ、手間が増すのは避けたいものです。
「手間」と感じるかはそれぞれですが…

そして塩素系の宿命、「混ぜるな危険」。
酸に混ざると有毒な塩素ガスが発生するため、
取り扱いにはある程度の慎重さが要求されます。

塩素系以外で方法はないのか?

あります。お酢と重曹を使います。

お酢を水と合わせますが、薄める度合いは人それぞれで、
中にはまったく薄めない方もいらっしゃる様です。

カビに重曹を乗せ、そこにお酢(もしくはお酢の水溶液)をかけます。
スプレーボトルが便利ですが必須ではありません(お酢と重曹の順番は逆でもOK)。

お酢は酸性、重曹はアルカリ性なので化学反応で泡立ち炭酸ガスがでますが、
におい以外は特に影響なしです。

重曹には研磨効果があるので、みがいてもいいでしょう。

カビは熱に弱いって知ってましたか??

基本カビは熱に弱いので、熱によるカビの除去が可能です。

目安としては、「60℃で10分」。
でもこれって、意外と難しいですよね。

熱湯ではすぐに流れてしまいますし、
火は絶対使えません(使用厳禁!)。

ドライヤーという方法がありますが、
カビだけに超ピンポイントで当てるのは無理です。

ドライヤーの熱で周りの物が変色したり、
場合によっては変形するかもしれません。

それにドライヤーは電気製品、
水は使わないといっても、やはりリスクはありますよね。

使う際には充分以上に注意してください。

まとめ

  • お風呂のカビ掃除には市販の洗剤、台所用漂白剤が使える
  • どちらも主成分は次亜塩素酸ナトリウムだが、漂白剤の方が濃度が高い
  • 漂白剤を使う場合には液ダレに注意
  • お酢と重曹でもカビ掃除できる
  • カビは熱に弱い。ドライヤーを使う場合は周囲に充分注意せよ

洗剤(お酢と重曹含む)を使うときは、洗剤の種類に関わらず
防護メガネ、ゴム手袋、マスクを着用し、換気は充分に行ってくださいね!

-家事

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.