子育て

1人でも大丈夫!沐浴の楽な方法とあると便利なグッズとは!?

投稿日:2018年10月19日 更新日:

出産して退院するといよいよ
赤ちゃんとの生活がスタートします♪

赤ちゃんのお世話は
授乳やオムツ替え、着替え、寝かしつけなど
1日があっという間に終わってしまいますよね。

 

そんなあっという間に終わってしまう1日で
もっとも重労働な作業が『沐浴』だと私は思います!

準備して、入れて、入れ終わってからのケアまで
完ぺきにこなそうと思うととても大変です。

残業で帰りが遅くなったり、夜勤のあるパパがいるお宅では
そんな大変な沐浴をママ1人で行わなくてはなりません。

 

そんなママでも大丈夫!

ママ1人で赤ちゃんもママも笑顔になれる
効率の良い沐浴の仕方をお教えいたします!

1人での沐浴も効率よく!まず基本的な用意するものを揃えよう!

1人で沐浴をするのは、

「ちゃんと洗えるかな…。できるかな…。」

 

と不安になってしまいますよね。

 

でも大丈夫ですよ!

沐浴もおむつ替えと一緒!

初めはうまくできなくても
毎日やっていくうちに

私は沐浴のプロだな!ドヤッ

っと、思ってしまうほど
ちゃんと出来るようになりますよ♪

 

まずは沐浴で使うものを用意しましょう!

ちゃんと用意しとくことで安心できますよ♪

 

«用意するもの»

  • ベビーバス
  • 洗面器
  • ベビー石鹸
  • ガーゼ
  • 沐浴布
  • バスタオル
  • 着替え
  • オムツ
  • 綿棒
  • ヘアブラシ
  • 保湿するもの

お風呂に入れた後の準備を先にしてから
ベビーバスにお湯を張りましょう♪

 

お湯を張り終わったらお湯の温度を確認しますよね!

私は、ミルクと同じように手で温度を測っていますが
気になる人は温度計を使うのも良いですね!
適温は40℃以下です☆

1人での沐浴も便利グッズで安心!腰痛知らずで済む上手な入れ方!

沐浴は、赤ちゃんを抱っこしたり支えたまま
少し前かがみの体制でしなくてはならないため
腰がやられますよね…

 

私が退院して、里帰りで実家に帰り、
はじめて沐浴したとき膝より下の低いテーブルで、
無理な体制で行ったため腰は痛いし、
うまくできないし、で泣きました。(涙)

 

そこで場所を変えてみたのです!

そこは『洗面所』

洗面所は腰の高さで設計されているために
前かがみにならずに洗えることが出来て
腰に負担がかからなかったですよ!

 

他には、
『キッチンのシンク』
『リビングのテーブル』など
腰の高さにあったところで
行うことをオススメします♪

 

1か月検診で許可が出れば
赤ちゃんと一緒に
お風呂に入ることが出来ます!

 

赤ちゃんと一緒にお風呂に入るときに
湯船につかることは一緒にできますが
身体を洗うのは一緒にすることが出来ないので
赤ちゃんに少し待ってもらわなければなりません。

 

そこで、赤ちゃんと一緒にお風呂に入るのに
便利なグッズをご紹介しますね♪

 

«ベビーチェア»

ママが体を洗っている間に
座って待ってもらうことが出来ます♪

リクライニングが出来るものや
空気を入れて膨らまして使うものなどさまざま!

 

«お風呂マット»

ママが体を洗っている間に
寝転がって待ってもらうことが出来ます♪

また、この上で体を洗うのも良いですね!

両手を使うことが出来るので
すみずみまで洗ってあげることが出来ますよ!

 

«スイマーバ»

首につける浮き輪です♪

スイマーバを赤ちゃんにつけて、
湯船に浮かばせておけば、寒い冬のお風呂でも
赤ちゃんは湯船につかってぽかぽか♪

※湯船に浮かばせている間は目を放さないようにしてくださいね!

 

«オールボール»

ただ待っているだけでは赤ちゃんも退屈。

おもちゃで遊んでもらっているうちにチャチャっと
身体を洗ってしまいましょう!

 

などなど、赤ちゃんと一緒にお風呂に入るための
グッズはいっぱいありますよ!

参考にしてくださいね♪

まとめ

私自身、ほぼ毎日子どもを1人で
お風呂に入れています。

主人は夜勤がありますし
昼勤の時は定時で上がって
帰ってくることのできる日はほぼありません。

お風呂に悩んでいたとき

«タミータブ»というものを知りました!

これは、ママのお腹の中にいたときと
同じ体制になるものです。

赤ちゃんが安心すると設計された
ドイツ生まれのベビーバスです♪

 

我が家はこれとお風呂マットを活用して
毎日お風呂に入れております!

 

お風呂マットで体を洗い
タミータブにお湯を張って温まってもらい
その間に私が体を洗っています!

便利なのでオススメですよ♪

 

みなさんも、自分に合った
体に負担のかからないよい方法を見つけて
楽しいお風呂タイムを楽しんでくださいね♪

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.