子育て

赤ちゃんを寝かしつけてもすぐに起きる…寝かしつけるコツはある?

更新日:

 

「やっと眠った!」と思っても
布団に寝かせたらすぐに起きてしまったり
抱っこひもで寝かしつけても
おろすと起きてしまったりしますよね。

この「赤ちゃんがすぐ起きてしまう」という悩みは
多くのママさんが経験しているのではないでしょうか?

私は現在2児のママですが、
2人目にして寝かしつけのコツを取得しました!

もちろん個人差があるのでみんなこの方法で
眠ってくれるというわけではありませんが
ぜひ、試してみてくださいね。

寝かしつけに大切なのは「なぜ起きてしまうのか」を考える

 

赤ちゃんを寝かしつけるために大切なことは

「赤ちゃんはなぜ起きてしまうのか」を考えることです。

たとえば、立ち上がって抱っこして寝かせます。
そのまま布団に寝かせてしまうと
赤ちゃんはママのぬくもりと浮いている感覚がなくなりますよね。

この2つがなくなってしまうことで
赤ちゃんが不安を感じてしまうのです。

他にも、抱っこされているときの
丸まった体勢から伸ばされるのが嫌な赤ちゃんや
ゆらゆら揺れている感覚がなくなってしまい
気持ちよさがなくなったため起きてしまう赤ちゃんがいます。

赤ちゃんによって起きてしまう原因は違います。

私の場合は「ママのぬくもりがなくなってしまう」ということと
「丸まっていたのに伸ばされた」というのが原因で
起きているのかな?と感じました。

赤ちゃんがすぐに起きてしまうのには、絶対に原因があります。

まずは「どうして起きてしまうのか」を探してみましょう。

対策法を考えよう!私が実践している方法は?

あなたの家にいる赤ちゃんが
すぐに起きてしまう原因は判明しましたか?

これからさまざまな理由で起きてしまう赤ちゃんを
起こさないようにする「解決法」をご紹介します。

まずは赤ちゃんが起きてしまう原因が
「ゆらゆら揺れているのが止まった」ということと
「丸まった体勢が崩れてしまった」という場合からご紹介します。

まず、ゆらゆら揺れながら布団のそばにゆっくり座ります。
ゆらゆら揺れるペースをだんだんゆっくりにしていきましょう。
徐々にスピードを落として止まります。

そこで赤ちゃんが起きなければ第一段階クリアです!

次に布団へ寝かしてあげましょう。
寝かせるときは、丸まった体勢を崩してしまわないように
授乳クッションにスポッと入れてしまうか
足に枕を敷いてできるだけ丸まった状態を
キープできるようにしてあげます。

ゆっくりゆっくり、寝かせていることに
気付かれないように動いてくださいね。

私の場合、「ママのぬくもりがなくなる」ということと
「丸まった体勢が崩れた」ことが原因でした。

私は抱っこして寝かしつけるのは苦手なので、
腕枕をして寝かせてあげます。

腕枕で抱き寄せるようにしてあげると
ママのぬくもりを感じながら
背中を丸めて眠れますよね。

ずっとこの方法で寝かしつけているので
最近では横に寝かせるだけで眠ってくれるようになりました!

まとめ

・赤ちゃんがすぐに起きてしまうのには原因がある!
・赤ちゃんはどうして起きてしまうのか考えてみよう。
・原因がわかったら解決策を考えて
・赤ちゃんに合った寝かしつけ方が必ずある。

あきらめずに眠りやすい方法を探してあげてくださいね。

今回は、赤ちゃんがすぐ起きてしまう理由について紹介しました。
昼や夜、赤ちゃんにはしっかり眠ってほしいですよね。
ですが、赤ちゃんがすぐ起きてしまうのには理由があります。

おむつが濡れていないか、
お腹がすいていないのか、寒くないのか、熱くないのかなど
言葉をしゃべれない分、ママが考えてあげなければいけません。

すぐ起きてしまうときはいろいろ試してみましょう。

赤ちゃんは成長すると絶対一人で眠れるようになります。
寝かしつけをするのは今だけなので、逆に楽しんでみるのもアリですよ。

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.