子育て

赤ちゃんは肌が弱いって本当!?デリケートな肌を守るには?

更新日:

「赤ちゃんのお肌」と聞いて、どんなイメージをしますか?

ゆで卵のようなツルツルお肌、思わずほおずりしたくなるようなモチモチのお肌…。
私も子供を産むまでは、そんなイメージを抱いていました。

しかし、いざ子供を産んで育ててみると、
赤ちゃんって意外とデリケートなお肌の持ち主だということがわかったんです。

今現在赤ちゃんを育てているお母さんの中にも
「うちの子、赤ちゃんなのにお肌がガサガサ…」や、
「ほっぺが真っ赤になっちゃってなかなか治らない…」
と思っている人が意外と多いのでは?

私は2児の母ですが、子供たちの赤ちゃん時代に経験した肌トラブルや対策をお話しします! 

新生児期から肌トラブル続出!

 

赤ちゃんの肌トラブルと聞いて、私が思い出すのは長女が産まれてから生後半年くらいまでのことです。

まずは出産を終えて退院してきてすぐのこと。
おでこやほっぺに、ニキビのようなブツブツがどんどんできてしまったのです!

これがいわゆる「新生児湿疹」というものなのですが、
当時の私はそんなこともわからずに、「母乳が悪かったのか?それともミルク?」
とおろおろ。

すぐにお産をした病院に電話して聞いたところ、
「新生児湿疹だから、お風呂の時にガーゼで優しく洗ってあげてね」といわれました。

長女が産まれたのが夏だったからということもあってか、
汗も相まって何だかどんどんひどくなるような気がする湿疹。

それでも助産師さんのアドバイス通り、
お風呂の時にそーっとガーゼでくるくると拭うようにして、
とにかく清潔を保つようにしていました。

その後1か月検診の辺りをピークに、1週間くらいで湿疹は引いていました。
やれやれと思ったのもつかの間、
今度は生後100日を過ぎた頃に子供のほっぺが赤くただれ出してしまったのです。

ちょうどこの頃、赤ちゃんはよだれが急に増えるので、
我が子はよだれに肌が負けてしまい、赤くかぶれてしまったのです。

新生児湿疹の時のようによく洗ってあげたり、
小児科に連れて行って薬をもらって塗ったりしたのですが、一向によくならず…。
この頃は外出するのも辛かったのを覚えています。 

赤ちゃんの肌トラブル、皮膚科に連れて行ってもいいの?

皮膚科に連れて行くことも考えたのですが、
「ステロイド」に対するいいイメージがなく
(完全にネットの情報を鵜呑みにしていました…)
なんとなく躊躇していました。

しかし何だかんだでそろそろ離乳食を始める時期に差し掛かり、
「こんな真っ赤なほっぺじゃ、万が一アレルギーが出ても判断出来ない…!」
と、思い切って皮膚科へ連れて行くことに。

案の定、皮膚科ではステロイドの入った塗り薬を出されました。
躊躇していた私の気持ちを汲んで下さった先生が、私に優しく説明をしてくれました。

「ステロイドに怖いイメージがあるのかもしれないけど、ベタベタとたくさん使うわけではなくて、患部に薄くのばす程度でいいんだよ。赤ちゃんの肌に使っても問題ない程度のステロイドしか入っていないし、症状が治ったら塗るのをやめて大丈夫だから」

先生の親切な説明に、ステロイドに対する悪いイメージは和らぎ、
先生を信じて薬を使ってみよう!と思いました。

薬を使って3日ほど経ったころでしょうか、
「あんなに悩んだ日々は一体なんだったの?」というくらい、
長女の肌から赤みとガサガサが消えたのです!

それからも、ニットなどが肌に触れた刺激で多少赤くなることはありましたが、
症状が出た時に皮膚科でもらった薬を塗ると、翌日にはよくなっていました。
今では長女も4歳、すっかり肌の弱さは鳴りを潜めたようです。

あの時もっと早く皮膚科にかかっていればよかった…と思っています。 

まとめ

我が家の長女のケースを元に、赤ちゃんの肌トラブルについてお話しました。

もちろん個人差はありますが、赤ちゃんのお肌って実はとてもデリケートで、
ちょっとした刺激で赤くなったり、湿疹が出来てしまうことがよくあることです。

赤ちゃんの肌トラブルを防ぐには、
・お風呂の時などに優しく洗って、清潔を保つこと
・赤ちゃんの肌に触れるもの(服やタオルなど)は、オーガニックコットンなどの優しい素材を使うこと
2点かなと思っています。

もし赤ちゃんのお肌にトラブルがあったら、皮膚科に連れて行きましょう!
「餅は餅屋」という言葉もありますが、肌の専門家なので色々と教えてくれると思います。
ステロイドを使うことに関しても人それぞれ意見があると思いますが、
お医者さんとよく話し合ってみたらいいのではないでしょうか。

私個人の感想としては、用法・用量を守れば決して怖い薬ではないなと思いました。
赤ちゃんのデリケートなお肌を守ってあげてくださいね!

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.