子育て

赤ちゃんの肌がガサガサに!?正しいスキンケア方法とは?

投稿日:

赤ちゃんの肌って
プルプルつやつやなイメージがありますよね。

触ってみると弾力があって、
「赤ちゃん肌になりたい!」と思います。

しかし、実際、そうではありません。
赤ちゃんの中には乾燥してしまい、
ガサガサになってしまう子もいます。

「どうして赤ちゃんの肌が乾燥してしまうの?」

「どんなスキンケアを行えばいいの?」
といった疑問を解決していきましょう!

赤ちゃんの肌が乾燥してしまう原因とは!?

赤ちゃんの肌が乾燥してしまう原因について説明します。

赤ちゃんの肌は早ければ
2か月頃からガサガサになってきます。

赤ちゃんの肌はプルプルでとても綺麗なので
勘違いしてしまいがちですが、
大人の肌とは違いとても敏感です。

大人の肌表面は、ラップ1枚ほどの薄さ
と言われていますが、
赤ちゃんの場合はその半分といわれています。

そのため、大人より乾燥や気温の変化に弱いのです。

角質層に保持されている水分も
大人より少なく、
とても乾燥しやすくなっています。

さらに、肌の機能が未発達なので、
乾燥肌になってしまいがちです。

正しいスキンケアの方法とは!?

赤ちゃんの肌が
ガサガサになってしまった場合の
正しいスキンケア方法をご紹介します。

ガサガサになってしまったとき、
ガーゼなどで頻繁に
顔を拭いてあげるのはNGです。

ガーゼで拭いてしまうと、
皮脂を取り除いてしまい、
余計ガサガサになってしまいますよ。

正しいスキンケア方法は、
赤ちゃん用のローションやオイルを
使用することです。

大人もお風呂上りには
肌が乾燥してしまいますよね。

赤ちゃんも同じなので、
お風呂上りにオイルなどを使って
保湿してあげましょう!

毎日肌を保湿してあげることは、
とても地道な作業ですが、
3歳までにはガサガサ肌が
改善されるといわれています。

しっかりスキンケアしてあげてくださいね。

入浴後、5分以内に保湿してあげることを
意識すると、しっかり保湿されますよ。

また、洗顔を行う場合は
たっぷりの泡で優しく洗い
しっかり流してあげましょう。

赤ちゃんに使うスキンケアグッズは
低刺激・無添加のものを使ってください。

大人の使用しているスキンケアグッズは
刺激が強すぎてしまい、
余計肌が荒れてしまう可能性があります。

注意しておきましょう。

まとめ

  • 赤ちゃんの肌がガサガサになることは意外と多い!
  • まずは保湿してあげることが大切
  • 保湿はお風呂上りがオススメ
  • 低刺激・無添加のものを使いましょう

今回は赤ちゃんの肌が
ガサガサになってしまう原因
正しいスキンケア方法を紹介しました。

保湿以外にも、気温の変化や湿度に注意し、
空気が乾燥してしまわないようにしてくださいね。

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.