子育て

赤ちゃんっていつから歯磨きすればいいの?タイミングと始め方についてご紹介

投稿日:2018年6月1日 更新日:

まだ歯の生えていない赤ちゃん、
ミルクもたくさん飲んでいるし
離乳食を食べ始めると気になってくるのは
歯磨きですよね!

歯磨きはいつから行えばいいのでしょうか?

個人差はありますが、
6か月~1歳までの間に
はじめることが多いです。

以下でくわしく紹介します。

赤ちゃんの歯磨きはいつから?

赤ちゃんの歯磨きは、
歯が生え始めてから行います。

なので大体は、
離乳食が始まってからということになります。

個人差はありますが、
6か月~1歳の間には
歯磨きを開始しましょう!

一番はじめの歯磨きは、
離乳食の時と同じように
口の中を触られることに
慣らすところからはじめます。

そのため、
ガーゼややわらかいシリコン製の歯ブラシを使いましょう。

なんでもいきなり始めてしまうと
赤ちゃんは動揺してしまい
怖がってしまう場合があります。

少しずつ慣れさせてあげてくださいね。

歯磨きのポイントとしては、
歯が1本2本のうちは
ガーゼでやさしくしてあげることです。

歯がどんどん生えてくると、
歯茎を歯ブラシでこすらないように
気を付けながら歯磨きを行います。

口の中はとてもデリケートですが、
その中でも歯茎はとくにデリケートです。

はじめに痛い思いをしてしまうと
これから先、歯磨きを嫌がられてしまう場合があります。

歯ブラシを使い始めた時は
デリケートな部分を絶対にこすらないようにしましょう。

口に水を含ませて吐き出させる、という行動は
まだできないので特に歯磨き粉などは必要ありません。

まずは、歯を綺麗にすることではなく
歯磨きになれさせることを意識しましょう。

月齢別に歯磨き方法は変える!?

先ほど少し紹介しましたが、
歯の本数や月齢によって
歯磨き方法が違ってきますので、
歯磨きの始め方や方法について
くわしく紹介します。

まず、歯磨きを始める時期である6か月前後ですが、
まだ歯が生えていない、もしくは
1本生えているかいないかですよね。

この時期は、
ガーゼでやさしく口の中を触っていきましょう。

上唇などを触られることに
抵抗を感じさせないようにするためにも
やさしく触りながら行います。

下の歯が完全に生えそろう時期も
まだガーゼを使用します。

ガーゼを使って生えている歯を
やさしく拭いてあげましょう

前歯が完全に生えそろう1歳前後になると
柔らかくて小さな歯ブラシを使います

乳歯ケアのできる歯磨き粉
購入できるのもこの時期です。

まず、歯磨きは2本準備しましょう。

1本は自分で使う用、
もう1本はママが仕上げ磨きに使う用です。

自分で歯磨きを行った場合、
どうしても噛んでしまい、
毛先が傷みやすくなるので
2本あるほうが便利ですよ。

自分で口の中に歯ブラシを入れる練習が終わったら
仕上げ磨きを行います。

仕上げ磨きは、
ひざにこどもを仰向けに寝かせてから行います。
上の歯と下の歯をしっかり磨いてあげましょう。
歯茎に歯ブラシが当たらないようにしてくださいね。

そして1歳をすぎると奥歯が生えてきます。
奥歯には食べかすなどが挟まりやすいので、
今まで以上にしっかり磨いてあげましょう。

食後の歯磨きはもちろん、
寝る前の歯磨きも
習慣づけるようにしてくださいね。

まとめ

  • 歯磨きは離乳食をはじめる時期から始めよう
  • まずはガーゼで慣れることから
  • 歯が生えてきたらシリコン製のものを使い始めよう
  • 1歳をすぎるころから子供用歯ブラシを使おう

今回は赤ちゃんの歯磨きについて紹介しました。

歯磨きを行う前は、お茶を飲ませてあげることで
食べかすを、ある程度洗い流すことができますよ。

虫歯のない歯をめざして歯磨きしていきましょう。

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.