子育て

赤ちゃんの食物アレルギーは大変!!オススメ離乳食とは!?

投稿日:2018年7月15日 更新日:

離乳食が始まって一番の不安はアレルギーですよね。
1匙ずつ新しい食材にチャレンジしていく毎日は緊張の連続です。

現在1歳1ヶ月の息子は3大アレルギーといわれる
「卵」「小麦」「乳」すべてのアレルギーでした。

そこで、どんな症状が出てアレルギーに気付いたのか、
現在離乳食はどうしているのかについて紹介します。

アレルギー症状はいつ出るか分からない!?息子のアレルギー症状

アレルギー症状はさまざまです。
赤ちゃんによっては、
アナフィラキシーショックの出る重篤なものもあります。

今回は「息子の場合はこうだったよ」というのを紹介していきますね。

うちの息子は、離乳食を始める時期にRSウイルスに感染したため
離乳食の開始は遅めでした。

私自身とても神経質なので離乳食の本を購入し、
新しい食材は午前中に1匙ずつを守って
離乳食をあげ、記録もつけていました。

1匙ずつあげていた頃には
アレルギー症状の出る食材はひとつもなかったんです。

安心して多めにあげるようになった頃アレルギーは発症しました。

まずはじめにアレルギー症状が出たのが乳製品です。

ヨーグルトをあげている時に
「口の周りが少し赤いかな?」「かぶれたかな?」
と思っていたら食べ終わった頃にはボコボコと蕁麻疹が!

すぐに小児科にかかったのですが、
着く頃には症状が治まっていました。
なので原因がわからず、様子見で家に帰ることに…

次に症状が出たのがうどんでした。

食べた1時間後に何度も嘔吐…
この日は休日で救急にかかったのですが、
胃腸風邪だろうということでこの日も帰ってきました。

そして最後に症状が出たのがパンです。

パンを食べ終わったあと目の辺りが少し赤いことに気付きました。
観察していると、1時間もする頃にはまるで試合後のボクサーのように
両目が腫れ上がってきたのです

どの食材も初めて食べた食材というわけではなく、
何度も食べていたのに症状が出てきました

そして毎回症状も違うので、不安に感じアレルギー科にかかって
血液検査を受けることにしました。

結果は「卵」「小麦」「乳」すべて陽性。

今は病院で指導を受けながら治療しています!

症状が毎回違うとアレルギーを見落としがちです。
少しでも様子がおかしいと思ったら病院に相談することをオススメします!
その際時間のチェックと、写真を撮っておきましょう。

アレルギー症状の中には一瞬激しく症状が出て
すぐに消えてしまうものもあるようです!

意外と困る!?アレルギーがある赤ちゃんへの離乳食のススメ

アレルギーがあるのがわかった後、大変なのは離乳食です。

ペーストなら簡単ですが、
料理らしい離乳食をあげ始める時期になると本当に大変!!

息子の離乳食で困り始めたのが3回食になって、
つかみ食べも始まってからでした。

「朝はパンとバナナとスープだよ!」
と友だちが話しているのが本当に羨ましくなるほど毎日大変…

「なんとか楽をしたい!」
そう思った私が行き着いた先はグルテンフリーのパンでした。

「卵」「小麦」「乳」のアレルギーをもつ息子ですが
「大豆」などは平気です。

まずはパンケーキから始めることにしました!

小麦の代わりに米粉を、
乳の代わりに豆乳を使うとパンケーキが焼けます!

バナナやほうれん草、人参などを入れて
栄養も摂れるよう工夫して作り冷凍してました。

そのおかげで朝がかなり楽になりましたよ。

ただ、何枚も焼くのが大変…
グルテンフリーのパンには
蜂蜜やきび糖が入っていて心配…

そう思った私はホームベーカリーを購入して
パンも焼くようになりました(笑)

バターも乳製品なのでバターはオリーブオイルで代用しています!

パンも多めに焼いて冷凍してあげていますが、
サンドウィッチなど幅広くアレンジでき、何より息子も嬉しそうでした!

ハンバーグやおやきなども小麦粉の代わりに
片栗粉を使うなどいろいろアレンジしてあげていますよ!

またベビーフードにはアレルギー表示がしてあります。
忙しいときはベビーフードで楽をしましょう!
栄養も摂れるし、私はオススメします。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんのアレルギーはいつ発症するかわかりません。
いざ発症しても慌てずにお医者さんに相談してくださいね。

そして、原因が分かったとしても
アレルギーと付き合っていくのはとても大変です。

そんな中でも、料理を楽しく食べられるように
ぜひ色々試してみてください!

そして頑張りすぎないように、たまには市販品で楽しましょうね。

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.