子育て

子育てと仕事で寝不足…上手に手を抜いて休めるときに休みましょう!

投稿日:2018年5月19日 更新日:

子育てをするなかで、誰もが避けて通れないことの代表格は
なんと言っても「寝不足」です。

仕事を辞めずに続けて、子育て、仕事、家事と三役を
一人でつとめる状況において、眠る時間が4時間くらいしかない
なんてこともしばしばですね。

では、この「寝不足」を解消するための秘訣があるのかどうか。
それはなんと言っても家事を上手に手抜きすることと言えます。

なぜならば、復職直後は以前に比べて多くの場合、
時間的な制限があり、こどもの病気等に伴う急な呼び出しや
休暇をとらなければならなくなることも少なくないため、
雑用や簡単な仕事が増えるほか、回りの人たちとの人間関係も
難しくなってしまうのです。

もちろん社会人としての責任はあるわけで、
こちらの手抜きはなかなか難しいといえます。

しかし、寝不足になれば、仕事中も極度の睡魔に襲われ、
集中力も欠けてケアレスミスも増えてしまいますよね。

また、こどもとの時間は何より大切にしたい時間です。

働いている間は他の方へ預けてこどもと離れて過ごすため、
仕事以外の時間は出来る限り一緒に過ごし、同じ時間を増やしたいもの。

それに加えて誰も変わってはくれない家事も
ある程度こなしたい。

その他、ご近所付き合いや、保育園、幼稚園、学校関連のお手伝いなど
やることを挙げればきりがなく、これをすべて一人でやるのは
完全にキャパオーバーになるのは当然のことです。

このように、ワーキングマザーは過酷な毎日を送っているので、
知らず知らずのうちに、疲労が溜まっていってしまい
いつなにが起きてもおかしくないギリギリのところで生活しているわけです。

家事を上手に手抜きするためには!?

中には、わたしは家事も手を抜かず、すべてフルパワーでやれるわ!
という人はもちろんチャレンジし続けて問題ありません。

けれど、頑張りすぎて女性が倒れてしまった場合、
夫はもちろんのことですが、更にはこどもへの負担が多くなることは
容易に理解出来ますよね。

毎日の掃除は最低限にして、残りは休みの日に少しずつ片付ける。

または、お掃除ロボットを購入して活用するというのも一つの手段です。

その他、こどもと一緒にゲーム感覚で掃除や洗濯物片付けをするのも
こどもと過ごす時間が増えるため、自然と笑顔にもなりよいでしょう。

毎日の食事の支度は大変ですよね?
朝昼晩もしくは、朝晩の食事の支度は献立を考えたり、
買い物に行ったりするのは以外と面倒なものです。

いかに仕事のある平日、作る時間を短縮させるかがポイントになります。

週末に食材をまとめ買いして、ある程度の下処理を行い
冷蔵庫に入れておく。

また、毎日手作りにこだわる必要もないので、
割りきって惣菜を買ってきて並べるという日があってもいいでしょう

ゆとりある時間が笑顔へ

とにかくムリをしない、手抜きをするところは上手に手を抜く。
5分でも10分でもとにかく休める時間があれば休む。

目を閉じるだけでもからだはリラックスできます

心と頭がスッキリするため、細切れでも隙あれば
からだを休めることも忘れずに意識することが重要です。

わたしは周りの人からよく、
「手抜きすることも必要なんだよ」
と言われ続けてきましたが、なかなかそれが出来ず、
ムリして3役フルパワーで行っていました。

しかし、気持ちだけが先に行き、けれどからだはキャパオーバーで
常に眠くてだるく、仕事においてもミスばかり。
そのストレスを抱えて帰宅すると、また時間におわれるような
家事と子育てがあってイライラしてしまい、
しなくていいケンカを夫としてしまったりと悪循環が続きます。

本当にボロボロでした。

だからこそ、休めるときは少しでも休むことを意識して、
通勤時間は電車で立ったままでも眠ったり、
昼休みは少しでも目を閉じて気持ちを休めたり、
平日の掃除は見えるところだけで残りは週末にまわしたりしていました。

まとめ

どんなに頑張っても、
自分のからだは一つしかないのです。

だからこそ、ムリをせず、出来ること、出来ないことを
きっちり割りきっていくことが長続きの秘訣です。

一人じゃないのだから、使えるものやことは
全部上手に使って乗り切りましょう!

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.