子育て

1歳過ぎても歩かないけど大丈夫…!?個人差があるから焦らないで!

投稿日:2018年8月2日 更新日:

子供が1歳くらいになると、よちよちと歩き出す子が出てきます。

早い子だと、1歳前から歩いているなんて子もいますよね。

そんな中、自分の子供が1歳を過ぎても歩かなかったり
歩くような素振りも見せなかったりすると、どうしても不安になりますよね。

結論から言うと、そこまで不安にならなくても大丈夫です!
その理由やこれからのことをお話していきますね。

1歳過ぎて歩かなくても全然焦らなくて大丈夫!

「1歳くらいになると歩く」というのは、あくまで赤ちゃん全体の平均の話

実際には赤ちゃんの体格や性格・発達の度合いなどによって、
歩き出す時期にはかなり個人差があります

母子手帳の中に、子供の身長や体重を記録する発育曲線のグラフがありますね。

グラフの下の方に、このくらいの時期に寝返りをするとか歩くといったことが
記入されているのを見たことがありますか?

これを見ると、それぞれかなり時期に幅があるのがわかります。

たしかに早い子だと1歳前から歩いている子もいますが、
遅い子だと1歳半を過ぎてようやく歩き出した
なんて子も決して珍しくないんですよ。

私には2人の子供がいるのですが、
上の子が歩くようになったのは1歳2ヶ月を過ぎた頃、
下の子が歩き出したのは11ヶ月の頃でした。

上の子は性格的にかなりの慎重派だったので、
つかまり立ちやひとり立ちも決して早い方ではありませんでした。

歩き始めた頃も、ちょっとでもよろけそうになったら
すぐどこかにつかまっていました。

逆に下の子は、上の子を見ていたせいもあるのでしょうが非常に行動派。
どんなに転んだりひっくり返ったりしてもめげずに立って歩いていました。

同じ親から生まれた子供でもこんなに違うのですから、
周りの子と比べて歩くのが遅くても、そこまで気にすることはありません。

数歩が出れば、あとはあっという間に歩き出します!

1歩、2歩…と足が出るようになると、
歩き出しが遅かった分、嬉しいものです。

子供の発育とはすごいもので、
ここからスタスタ歩くようになるのは本当にあっという間です。

「まだ歩かない…」
なんて気を揉んでいた日々は一体何だったのかと思うほど!

歩くようになると一気に行動範囲が広がりますから、
今まで以上に目が離せなくなりますよ。

私も上の子の時は「早く歩けるようになって!」なんて思っていたのですが、
下の子が1歳前に歩き出したときは、「もう歩くようになってしまった…」なんて
思ってしまいましたよ(笑)

まとめ

子供の発育は何かと不安になりますよね。

しかし成長にはかなり個人差がありますから、
あまり周りと比べて一喜一憂せず
「いつかは歩くさ」とどんと構えていてくださいね。

-子育て

Copyright© Komari's Note , 2018 All Rights Reserved.